*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

猫ちゃんとのコミュニケーション、健康管理、QOL、ストレスの軽減を目的としたトレーニングをお伝えする教室「Happy Cat」のブログです。私が猫のトレーニングをすることになった経緯や、トレーニングに対しての思いなどを書いて行きたいと思っています。

4つの随伴性を理解することが大切です

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

行動分析学の基礎知識、
今日は基本の随伴性のお話。

「好子出現の強化」
「嫌子出現の弱化」
「好子消失の弱化」
「嫌子消失の強化」
この4つが基本の随伴性です。

「好子出現の強化」
これに対比して考えていくと
大体わかると思います。

だいちゃん、楽しいですか?

「嫌子(けんし)」は「好子」の反対、
要するに行動を減らすような
刺激、出来事、条件です。

(一般的に個体の嫌いなモノ、
イヤなことなどです。)

弱化は強化の反対、
行動が減ることです。

なので、「嫌子出現の弱化」は
「行動の直後に嫌なことが起きる」
(行動の直後に嫌子が現れる)
という経験をすると、
将来その行動をする確率が下がる
ということです。

楽しそうですね~♪

同様に「好子消失の弱化」は
「行動の直後にイイコトがなくなる」
(行動の直後に好子が消失する)
という経験をすると、
将来その行動をする確率が下がる
ということ。

「嫌子消失の強化」は
「行動の直後に嫌なことがなくなる」
(行動の直後に嫌子が消失する)
という経験をすると、
将来その行動をする確率があがる
ということです。

次回から、一つずつ
もう少し詳しく説明します。

お読みいただき、ありがとうございました。

 
 

 - 行動分析学


Comment

  • ai より:

    好子出現による強化、嫌子消失による強化、好子消失による弱化、嫌子出現による弱化
    今まで違う言い方しか知りませんでしたが、この言い方にやっと慣れてきました。
    パッパッと言えるようにしていきます。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    はじめは、何の事だかさっぱり???という感じでしたが、教えていただいているうちに理解できるようになってきました。今度は自分の言葉で説明できるようになります(宣言しました!)

     
  • かとうまさみ より:

    行動分析学の本を読みはじめたばかりの時、たまたまみーつんの排泄がトイレ以外の場所で3日続けて起こり、その時は頻度が増えていることに目がいって何が好子になっているんだろう?とノートに書き出し本気で考えていました。好子じゃなかったー!!!と気づくのはまだまだまだまだ先の話です(汗)

     
  • にしだかよ より:

    はじめて聞いたときには、言葉のパズルのような感じで、頭の中のなかがややこしくなるばかりでした。丸暗記してから、ようやくわかるようになってきました。

     
  • なかたにょん より:

    ほそやさん、西田さん同様に、私も最初の頃は何がなんだか頭がぐるぐる…でしたが、さすがにそんな状態は脱することができたかな?と自負しています。
    ただ、油断すると危ないぞ!という自分から自分への戒めの声も時折聞こえるので、安心せずに折に触れ基本に戻って確認したいと思います。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事