*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

猫ちゃんとのコミュニケーション、健康管理、QOL、ストレスの軽減を目的としたトレーニングをお伝えする教室「Happy Cat」のブログです。私が猫のトレーニングをすることになった経緯や、トレーニングに対しての思いなどを書いて行きたいと思っています。

「ダメ!」と叱ったりしなくても

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

今日は「好子消失の弱化」について。

我が家のにゃんまるが
クリッカートレーニングが
大好きなことは、
いつも書いている通りです。

クリッカートレーニングには
オヤツを使います。

美味しそうなもの発見♪
勉強の記事が続くので、関係ない写真でお楽しみください♪

私はオヤツをキャットタワーに
置いてトレーニングをする事が
よくあります。

猫ですから、当然、
簡単にタワーに上れます。

でも、もしタワーに置いてある
オヤツを直接取ろうなどとすると
私はすぐにクリッカートレーニングを
終わりにします。

随伴性ダイアグラムで書くと

     直前     ➡         行動         ➡          直後
クリッカートレーニングあり➡タワーに上ってオヤツを取ろうとする➡クリッカートレーニングなし

となります。

にゃんまるにとって
クリッカートレーニングは
好子です。

なので、好子が消失する
(クリッカートレーニングが
やってもらえなくなる)
という行動はしなくなります。

この行動と環境の変化が
「好子消失の弱化」です。

思わず舌なめずり~
思わず舌なめずりしちゃうちゃあちゃん♪

実際ににゃんまるは何度か
これを経験して、
トレーニング中に
置いてあるオヤツ入れから
勝手にオヤツを取ろうとは
しなくなりました。

「ダメ!」と叱ったりしなくても
行動をやめさせることは出来るんですよ。

お読みいただき、ありがとうございました。

 
 

 - 行動分析学


Comment

  • ai より:

    叱らずにして欲しくない行動をなくせることは人にも猫にも良いですね。
    罰は一方的な感じがしますが、好子消失の弱化は「これをすると好きなものや事がなくなってしまう」と猫が学習してその行動がなくなるので、プラスのコミュニケーションを取っているように感じるので罰に比べて良いなと思います。

     
  • 西川 より:

    今年大学に来た子犬も、吠えるとお世話の学生がいなくなる事で
    吠えを徐々に減らしています。好子消失の弱化でこの事を思い出しました。
    叱るとその場しのぎのしつけで終わってしまいそうですが、この場合だと「好きなもの」がなくなるので効果的と思いました。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    叱る必要がない、叱ることに効果はほとんどない、と実感しています。我が家もおやつに手を出す子がいますが、にゃんまるくんと同じように手を出したらおしまいルールにしてから出すことが少なくなりました。行動を観察し・仕組みを理解して、お互いのルールを作ることが一緒に暮らす、ということなんだと思いました。

     
  • かとうまさみ より:

    クリッカートレーニングの時 先生と同じようにキャットタワーにオヤツを置いています。みーつんがオヤツを勝手に取ろうとした時はトレーニングを一瞬やめます。ですがすぐに再開するせいでやっぱりオヤツを取ろうとします。こう書いてみて整理できたので(汗)今日から同じ状況になった時はトレーニングをちゃんとやめて試してみます。

     
  • にしだかよ より:

    そのコにとって、何が好子となっているのかを知っておくこと、知ることが大事なんだなあと思いました。

     
  • なかたにょん より:

    行動をきちんと考えることで、叱らなくてもその行動をやめてもらうことができる、ということに気付けたことは本当に良かったと思います。
    つい先日も我が家で「それって叱る必要ないよね」という話をしたばかりでした。
    叱るってもしかしたら人間にとって楽なのかもしれませんね。
    叱ったって行動はなくならないのに。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事