*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

猫ちゃんとのコミュニケーション、健康管理、QOL、ストレスの軽減を目的としたトレーニングをお伝えする教室「Happy Cat」のブログです。私が猫のトレーニングをすることになった経緯や、トレーニングに対しての思いなどを書いて行きたいと思っています。

獣医さんを味方につける方法

   

こんにちは。
Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。

今日は私の書いたものではなく、
勉強に来てくれている方の書いたものを元に
私が記事にまとめます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

肛門嚢が破裂してしまった「なっとー」を
連れて今日も病院へ。

昨日よりだいぶ良くなっていて
少しホッとしました。

診察中、
「チュールを舐めさせながら診て頂いてもいいですか?」
と獣医さんにお聞きしたら
「大丈夫ですよ」
とのことでした。

なので、まずは先生に封を切ったチュールを渡し
「なっとーにチュールを舐めさせてあげて下さい」
とお願いしました。

先生はまさか自分がチュールを
あげることになるとは思っていなかったようで、
ちょっとビックリした様子でしたが・・・

「なっとーの大好きなチュールをくれる先生だよ。
なっとーの味方だね」
の言葉をきくなり瞬時に『!』
意図を理解して下さいました(^^)

「先生からでもチュール食べられるかな?」
と言いながらなっとーの口元に
差し出してくれました。

なっとー、舐める舐める!!
ときおりピタっととまって
目だけで周囲をみるもののチュールを舐める。

ここまでくれば、あとはもう、
先生からチュールを私にバトンタッチで、
なっとーが夢中でなめている間に
検温から傷の消毒まで、
全てが終わってしまいました(^○^)

今日のことをふと思い返すと
なんだか緊張の汗がでます(^^;;

なっとーは本当によく頑張りました!

帰り道はエノコログサで遊びながら帰ってきました♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

彼女がHappy Catの入門講座を
最初に受講してくれたのが
昨年の10月31日です。

当時、来客はもちろん、キャリーバッグも
苦手と伺っていました。

それが一年経たないうちに
もうこの成果です。

要は、【やるかやらないか】なんです。

ぜひおウチの猫ちゃんの可能性を
信じてあげてください。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 - その他


コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事