*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

猫と一緒に楽しみたい!

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

我が町練馬には、
見事なツツジ公園があります。

今年もお散歩に行ってきました♪

声をかけてくれた人には
大抵オヤツをあげてもらっています。

良い子にナデナデされてたね

その時多くの人が、「大人しいわねぇ」
「慣れてるのねぇ」「うちのコは絶対ムリ」
などとおっしゃいます。

我が家の猫たちも初めから
楽勝でお散歩が出来たわけではありません。

ほんの少しずつ、どうしたら
猫が楽しめるお散歩になるのかを考えて
慣らしていきました。

ちゃたはいつも乗り出し気味

今出来ないことが、そのまま
「うちのコの出来ないこと」
では無いです。

問題は、慣らし方を知っているか、
教え方を知っているか。

そして、それを実践するかしないか、
ではないでしょうか。

お散歩が猫にとって
楽しい刺激になるように。

それが私が猫とお散歩する
目的の一つです。

にゃんまるもご機嫌♪

室内飼育の猫に飼い主として
何がしてあげられるか。

一緒に楽しく暮らして行くために
自分には何が出来るか。

なんていうと、小難しい感じですが、
本当は、ただ単に、
猫と一緒にいろんな事をしてみたい、
感じてみたい、楽しみたい!
それが私の猫との暮らし方です。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - お出掛け


Comment

  • ai より:

    さまざまな刺激が悪いものではなく良いものだということを猫に伝えるために、慣らし方、教え方を知ることは重要なことだと思います。

    猫にとって暮らしが楽しくなるために、慣らし方教え方を知り身につけたいです。

     
  • さとう より:

    外で綺麗な景色を見たり、風が気持ち良かったりすると、猫にもこれを感じさせてあげたいな、といつも思います。

    ただ何の準備もなく外に連れ出すだけでは、楽しいどころか、残念ながらひどい体験にしかならないかもしれません。

    少しずつ、少しずつ、猫と素敵な時間を共有できるように、ステップを積み重ねていきたいです。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    記事にある通り、「できない」ではなく「やらない」「知らない」だけであって、できない事なんてないんじゃないかと最近思っています。

    一緒にいれば幸せと思っているのは人間側だけだ、という事に気づき行動できる自分の環境とそれに応えてくれる猫たちに感謝です!

     
  • 西川 より:

    何も勉強していなかった時、私も初めてお散歩の写真を見たとき、他の飼い主さんと同じように「うちの子たちは無理そう」と思っていました。
    ですが、猫にもトレーニングが出来る事、その方法を知る事、自分が猫にしてあげられる事を考える中でお散歩に対しての考えが変わりました。少しずつ実践していきたいなと思っています。

     
  • すずきちえ より:

    部屋の窓を開けると、2匹とも外の空気を感じながらジッと外を見渡しています。

    “室内飼育の猫に飼い主として何がしてあげられるか。
    一緒に楽しく暮らして行くために自分には何が出来るか。”

    まさにそのようなことを毎日考えるようになりました。
    考えるだけではなく、方法を知ること、そしてそれを実践することが
    本当に大事だと思います。
    一緒に楽しめることがたくさんあると、猫も人も生き生きできる気がします。

     
  • にしだかよ より:

    問題は、やっていないこちら側なのですね、愛情は行動に示そうと思いました。

     
  • なかたにょん より:

    >室内飼育の猫に飼い主として
    何がしてあげられるか。

    一緒に楽しく暮らして行くために
    自分には何が出来るか。

    私が勉強をしたいと思ったきっかけがまさにこの言葉と同じでした。
    先の記事のコメントと被りますが、勉強を始めて実は分かっていなかった、知らなかった、ことにたくさん気付けて良かったと思っています。

    昔一緒に暮らしていた犬や猫のことを思い出す時、いつも「いまの自分ならもっとこんなことしてあげられたのに」という気持ちが湧いてきます。
    その頃があってその子たちがいてくれたからこそ、そう思える今の自分がいるのでその子たちには感謝していますが、その気持ちは忘れないようにしたいといつも思っています。

    いま、そこから一歩進んで、より具体的に何ができるかを考える機会に恵まれたことをその子たちにもぜひ伝えたいです。

     
  • かとうまさみ より:

    『ぺが膝に乗ってクリック』をはじめて何日かたちましたが、慣らし方に気づいたか、教え方にきづいたか、そして、それを実践するかしないか!な入り口にやっとやっと指先が届いた感じです。ぺは普段 私の近くにいなかったのに最近 ふとみるとそこにいるようになったんですー!

     
  • さとうあいこ より:

    できないなんて無いんだなぁと思いました。
    知らなければできなくて当たり前で、知るのは猫ではなくこちら側の責任で、やってみないとできるようにはならなくて、、、
    医療ケアについては、この流れでお教えしたり練習したりできるのに、そもそもの、猫とのコミュニケーション、猫の幸せを広げるためのことになると、抜けていたなぁと反省しました。
    救いは、15歳のムンタのわたしを迎えてくれる目が最近ちょっとだけ変わってきた気がすることです。キラキラしています。
    、、、ような気がしています。
    Happy Catと出会って、猫が楽しい飼い主も幸せ な、そんなひとときを沢山過ごせるようにするために、飼い主ができることがどんどん広がっていくのを感じています。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事