*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

美味しいものなら食べられるの?

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

引き続き、災害時の
猫の食べ物について。

「緊張していたら食べられない」
と言いながら、
「美味しいものなら食べられる」
というようなことを書きました。

このことについて少し補足します。

まず、食べ物が食べられないほどの
緊張状態なわけですから、
たとえ美味しいものでも、
そう簡単には食べてもらえない事もあります。

ちゃあちゃん、美味しい?
ちゃあちゃん、鼻についてるよ!

それでも、食べ物を使うのは有効です。

何も喉を通らないような時でも、
猫や犬は舐めるだけなら出来たりします。

ペースト状のものなどは緊張状態でも
受け入れやすいのです。

にゃんまるが、まだ病院で
オヤツが食べられなかった頃のことです。

実はその頃の私にはまだ
こんな知識はありませんでしたが…

にゃんまるは、お気に入りの
レバーを湯がいたオヤツであれば、
比較的早い段階から「ペロペロする」
だけは出来ました。

その頃はわかっていなかったので、
はっきりモノが減らないのを見て
「うーん、ちゃんと食べられないねぇ」
などと思っていたのですが、
舐めるだけでも十分なんです。
※なぜ舐めるだけでも十分なのかについては改めて書きます。

にゃんまるも美味しいね♪

それから前回書きましたが、
猫が食べてくれないと、
心配で、飼い主が不安になります。

飼い主がオロオロ落ち着かない、
緊張したり不安になっているー

すると当然、猫もそれを感じて、
不安になります。

これでは悪循環。

飼い主は、猫のためにも
「できる事は準備してある」
と落ち着いて行動できると
いいですね。

(もちろんこれは理想です。
私もそうできる自信があるわけではないです:苦笑)

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - 予防トレーニング


Comment

  • ai より:

    災害時ではないのですが、キャリーに入れて外に出た時に猫がキョロキョロしていて、安心させてあげたい時におやつをあげ食べてくれると「良かった」とホッとします。
    災害時に少しでもペロペロできるように、ペースト状のより好きなものを用意しておこうと思います。

     
  • 西川 より:

    フードの食いつきがあまり良くない子は
    どんな工夫ができるかな、と思っていたのですが
    「なめる事」でもいいのならペーストのものは有効ですね。
    最近はあげてないですが、以前は喜んでいたと思うので
    再度試してみたいです。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    車の練習を始めたころにペーストのおやつをぺろぺろしてくれたのを思い出しました。表情は完全におやつを食べたい顔ではなく、心ここにあらず状態なのに舐めていました。それを少しづつ続けて、今でも練習中ですが、車でお昼寝できるようになりました。ぺろぺろから始めていけばいいんだと確信できました!

     
  • さとう より:

    舐めるだけでも、意味があるのですね!
    理由が気になります…
    緊張に限らず、具合が悪くて食べられない時も、ついつい焦ってあれこれ無理やり食べさせようとしてしまいますが、こちらが焦っているほど猫も引いてしまうのを感じます。
    どんな時もどっしり構えて、猫を安心させてあげたいです。

     
  • にしだかよ より:

    舐めてさえもくれなくて、『本当に緊張している』だったと、今では理解でします。バロメーターにもなるので、お散歩の時のペーストは必至アイテムとして持って行ってます。

     
  • なかたにょん より:

    このことについてはとても納得していて、以降、お出掛けトレーニング(周辺トレーニングも含めて)や病院に実際に行く際も意識するようにしています。
    最初はにおいを嗅ぐだけでしたが、ペロッとしたり車の中に入れば食べてくれるようになりました。
    更に理解したいです。

     
  • すずきちえ より:

    早速、災害用ストックにペースト状のものを用意したいと思います。
    「できる事は準備してある」そう思えると、ほんの少しでも気持ちに余裕ができるかな、という気がします。

    災害時に限らず、今後緊張する場面ではペロペロを活用していきます!

     
  • かとうまさみ より:

    猫がごはんを食べてくれないと本当に心配で不安になります。ノドを通りやすそうなペースト状のもの、スープ状のものは絶対に切らさないようにストックしています。

     
  • さとうあいこ より:

    猫が体調を崩してご飯を食べてくれなかった時、ついつい強制給餌で食べさせてしまいたくなるのですが、その前に、猫が自分からご飯に興味を持ってもらえるために、特別なおやつをもっと見つけておかないといけないと思いました。
    舐めるだけでいい の理由が気になるので次を読みます。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事