*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

新しい課題が見つかった!

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

今まで行っていた病院では、
血液検査の時、猫の身体を
寝かせての保定を先生と一緒に
私もしていました。

(キャットホスピタルに行っている人
みんながそうしているわけではなく、
私は先生との話し合いで
そうさせてもらっていました。)

採血の様子
キャットホスピタルでの採血の様子です。

初めての場所、知らない先生、
知らない看護師さん・・・

猫たちの不安を少しでも軽減したかったので、
ちょっと無理矢理でしたが、
自分で保定をさせてもらっちゃいました。

それでも病院によって
やり方がいろいろと違います。

今までは血液検査のために
バリカンなどあてられた事のなかった
うちの子たちには、バリカンが
大ショックだったと思われます。

怖い思いをさせてしまいました…

これも今後の課題だなぁ。

キャットホスピタルでの診察
キャットホスピタルでの聴診の様子です。

とりあえず、バリカン買おう。

本当なら、その病院が
「どうやって血液検査をするか」
事前にリサーチして、
バリカンに慣らしてから
行くべきだったよね。

ま、済んでしまった事はしょうがない。

今後は、今回のような怖い思いを
しなくて済むように頑張って練習だ!

早速バリカンを買って
「お医者さんごっこトレーニング」
のメニューに追加しようと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - 愛猫


Comment

  • ai より:

    採血でバリカンを使うことがあるんですね。

    あらかじめどのように行うかを知り、猫にとって苦手なものがありそうだったら練習することが必要ということがわかりました。もし、怖い思いをさせてしまっても、次につなげられるよう気持ちを切り替えて練習していくことも大事だなと思いました。
    「お医者さんごっこトレーニング」良いですね!楽しくトレーニングできていることが伝わってきました。

     
  • 西川 より:

    私は実家の猫があまり動物病院にかかった事がなく、
    行く病院がどんな場所か、どんな先生でどんな診察をするか、
    ただ「家から近い」という理由のみで選んでいましたし、
    それを特に問題とは思いませんでした。
    ですが、猫の不安を第一に考えてみると家を出るところから診察の仕方まで、
    その子にしてあげられる事がとても多い事に気がつきました。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    我が家も定期的にエコー検査が必要な子のためバリカントレーニングしてます。前日に自分で刈ってから病院で検査してもらうことで少しでも負担を減らせるなと思い始めました。私も後から知って…という順序でトレーニング始めたので、事前に調べる癖をつけたいなと思いました。

     
  • さとう より:

    具合が悪くならないうちに、1度猫無しで病院に行って、色々リサーチできたらいいですね!

    保定は、自分の練習のためにもいつも参加させていただいたり、採血もやらせてもらいますが、逆に、信じてた人にひどいことされた!!と嫌われないかいつもビクビクしています…

     
  • なかたにょん より:

    先々々代くらいの猫でしたが、挫創が悪化してしまい家でバリカンをかけることになりました。
    バリカンを見せても全然平気だったのでそのままかけたのですが、実はすごく怖かったらしくそれ以来、バリカンを見ただけで逃げるようになりました。
    今にして猛省です。。
    保定も私はそれなりに得意、とは思ってはいるのですが、でもそれって無理やりなんですよね。
    もちろん、命のためにそうしなくてはならないこともあるのですが..彼らに負担の少ない保定がスタンダードになってほしいと切に願います。

     
  • にしだかよ より:

    事前にリサーチ、お医者さんごっこトレーニング、予め出来ることっていっぱいありますね。
    我が家では、長毛さんにバリカンをしてお尻周りの毛をカットしていますが、知らぬうちにトレーニングにもなっていたのかと気付きました。かまえなくても日々の暮らしの中に取り入れる工夫ってあるように思いました、楽しく言い換えて「お医者さんごっこ」いいですね。

     
  • すずきちえ より:

    採血でバリカン!初めて聞きました。
    保定一つでも飼い主が一緒にする病院、飼い主は部屋から出される病院、様々だと感じています。
    リサーチをするために、病院側とのコミュニケーションの取り方を考えることも必要ですね。
    うちもバリカン買っておこうと思います。。

     
  • かとうまさみ より:

    我が家もバリカンを買います!
    ぺとびーさんが肛門嚢炎になった時お尻の毛を丸くそられてさぞかし怖かったろうと思います。あの音だけでもかなりの恐怖感だと思います。まずは音で緊張しなくてすむように慣らしてあげたいです。

     
  • さとうあいこ より:

    バリカンは音と振動が怖いですよね。
    当てる段階の練習になった時も、刃先を当てなくて、まずはバリカンの柄の部分を当てるのでも良い というのを聞いて、確かに!と思いました。
    言葉やされることの意味が分からない猫にとって、怖いけど我慢できる のと、全然へっちゃら なのは、全く別物だということを常々考えないといけないと思います。
    獣医師側は、出来る の勘違いをなくして行かなきゃと毎度毎度考え方を反省します。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

タレ目のちゃあちゃん♪

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 ちゃあちゃんがい …

そんなやり方したら痛いよ!

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 昨日の続きです。 …

人気者はつらいよ(^_^;)
自分の考えを獣医さんに話そう
『慣れてもらう』より『慣れていよう』

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 先日、右手(利き …

みゅうとの生活・2

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 みゅうが慢性腎不 …

にゃんまるの活躍もお見逃しなく(^O^)
ヘタレ猫ベッド
ナデナデはいらんかね〜(=^・^=)

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 とある日の午後。 …

シャーって言って逃げ回るピコ

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 告白します。 実 …