*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

猫の負担を軽減して診察を受けてもらう

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

イヤがる猫をキャリーバッグから
引っ張り出すのではなく、
猫の負担を軽減して
診察を受けてもらうために
何ができるでしょう?

こういう時は「トレーニング」
という発想を離れて、
物理的にどうしたら
猫の負担を軽減できるか、
に着目しましょう。

診察を待つ
診察の順番待ちの間はオヤツを食べて待ってます。

そう考えると、単純ですが、
「上が開くキャリーバッグを使う」
と言うことが有効だと思います。

上が開けば、簡単に
猫を出すことが可能ですから。

また上が開くキャリーバッグなら
無理にキャリーバッグから出さなくても
簡単な処置や診察が
できる場合もありますよ。

診察台の上です
診察台の上で「ハイファイブ」をしようとして息の合わない二人(笑)

イヤなことを、1つでも、少しでも
減らしてあげられるように
出来ることを見付けて
実践してあげましょう!

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - ストレス軽減


Comment

  • ai より:

    トレーニングだけで何とかしようと考えずに、物理的にストレスを軽減できる工夫をすることも有効なんですね。
    いつでもどんな時でも、柔軟に考えられるようにしたいです。

     
  • 西川 より:

    なるほどと思いました!
    普段から上を開けておいたり、横だけ閉まってみたりして
    上が開くこと、開いていても安心な事も
    伝えられたらいいなと思います。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    トレーニングの本来の目的は、少しでも猫の負担を減らすことですね。(トリックなどは楽しむためですが)慣れるまで、できるようになるまで、と考えていても、診察を受けなければいけない時もくると思うので、今何が出来るか?を常に考えたいと思いました。

     
  • にしだかよ より:

    診察台の上で「ハイファイブ」、できるようになったらいいなあ
    (わたしの脳内イメージトレーニング)

     
  • なかたにょん より:

    キャリー!
    今日見たのは本当に残念でしたが、実は年末にも上が開くタイプをひとつ購入しました。
    全員分を順番に買い換えるつもりです。

     
  • すずきちえ より:

    一度使ったら、もう、上が開くタイプしか使えません。
    診察中に上を開けっ放しにして、「はい、終わり」と言うと
    自ら飛び込んでキャリーに帰ります。。。

     
  • かとうまさみ より:

    ウチも上が開くタイプを使っています。怖さが軽減するかと思いキャリーの中にモコモコの布を敷いて使っていますが キャリーから出される時は必死に掴まっているせいで布ごと出てきます。

    扉が開くタイプは使ったことがありませんが‥爪が抜けそうな勢いでしがみつくのを想像しました。

     
  • さとうあいこ より:

    上が開くタイプのキャリー、増えてきましたよね。蓋が外せるものはそのまま診察できるので本当に便利です。
    ただ、強度との相談ですが、上下の固定のためのパーツが、もう少し静かに開閉できるとなお良いなぁと思います。。。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

「普段と同じ」でいられるために
リラックスすることが大切です
抜け毛のシーズン
病院選びはストレス軽減の大切なポイント

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 猫の専門病院、増 …

オヤツを舐めながら一本だけ

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 大好きな美味しい …

続・病院でのストレス軽減トレーニング
「退院おめでとう」は態度で示そう
緊張のバロメーター

こんにちは。 Happy  Catアドバイザーの坂崎清歌です。 猫は、極度の緊張 …

人間の都合と猫のストレス
猫は病院に慣れる?

こんにちは。 猫のためのトレーニング教室「Happy Cat」 アドバイザーの坂 …