*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

「しつけ」と言って猫に何かを求めるのは

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

「しつけ」とは何か。

一緒に暮らすからには
「トイレ、爪研ぎをちゃんと使ってもらう」
などの
「ルールを守らせる事がしつけ」
だと、考える人もいるでしょう。

確かにそれも「しつけ」でしょう。

ですが、大抵の猫は、
適切な環境を整えてあげる事で
これらの問題をクリアできます。

適切な環境がどんなものであるか、
知らない、整えられていない、
という方は残念ながら多いです。

テッちょんの爪とぎ♪
爪とぎは縦置き、横置き、両方必要です!

ですから、そういう意味では、
猫の行動が云々の前に、人間が
「猫にとっての適切な環境」
を学び実践しなければ、
猫に「しつけ」と言って
何かを求めることは違うと思います。

何かを相手に求めるなら、
まず自分から変わる。

それをした上で、
猫に協力を求めれば、
猫はきっと応えてくれます。

まずは猫にとっての
適切な環境を学びませんか?

お読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 しつけへ 
人気ブログランキングへ
 

ランキングや拍手ボタンをクリックしていただくと更新の励みになります。
どうぞよろしくお願い致します!!

 - トレーニング


Comment

  • ai より:

    ”こうして欲しい”というものがあるならそれをできる環境を与えてあげることが必要なんですね。
    こちらからは何も与えず、ただこうして欲しいと言われたら、人も猫も嫌ですね。

    何かを相手に求めるなら、まず自分から変わる。
    すごく心に響きました。
    どうしたら猫にとって過ごしやすい環境を提供できるか、知り考え提供してあげたいです。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    飼い主が一番の環境なんだと再確認しています。私たちが変わらなければ猫の暮らしや行動は変わらないですね。今猫たちに何が必要なのか常に考えられる人にならなければいけないし、伝えていかなければ!です。

     
  • 西川 より:

    相手を理解するには、相手を知る事。相手に何かしら求める前に自分が変わる、歩み寄る事。猫に対しても、人間関係に対しても、忘れないでいたい考えです。

     
  • なかたにょん より:

    まだまだ知られていないことが多いのだなと実感しています。
    もちろん、私も知らなかったことがありました。
    でも少し勉強するだけで意識や目線が変わりましたし、今の方が楽しく暮らせていると思います。
    知ることで得られるものは本当に多いと思います。

     
  • にしだかよ より:

    歩み寄りたいですね。そのために学んでいます。

     
  • かとうまさみ より:

    勉強して飼い主が変わること、すごく重要だと思いました。勉強を始めたばかりでも自分のせいでこうなってたのかと気づくことがたくさんあり、気づいて直したことで猫が暮らしやすくなったと思います。

     
  • さとうあいこ より:

    記事を読んで、つい昨日、本で、シェイピングゲームの例を読んだのを思い出しました。
    そこに、どうしてもポケットから手を出してくれないターゲットの手をポケットから出したくて、ターゲットに足を引っ掛けたという方法が出ていました。
    こうして欲しいと思うなら、それをやらせるのではなく、やってしまう状態(猫さんが応えてくれる状態)をどう作るかを考えるのが必要なんだなぁと思いました。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事