*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

自分の考えを獣医さんに話そう

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

にゃんまるの血液検査。

事前に血液検査のための
質問を先生にして、
食事を抜いてくるように
言われていました。

食事を抜くのを忘れるという
致命的な失敗の話は置いといて(笑)

病院での待ち時間や診察室で
オヤツをあげてもいいかと言うことも
確認しておきました。
オヤツちょうだい!!

直前に食べても(今回の)血液検査の
結果には影響はないので、
OKということでした。

なので、オヤツを食べながら順番待ち。

診察室でも検査中ずっと
「ちゅ~る」を舐めていました。

横になって採血してる時も
お尻に体温計を入れられて
検温してる時もずっとペロペロ(笑)

採血中もぺろぺろ♪
採血中です

そんなにゃんまるを見て先生は、
「そんなに『ちゅ~る』が好きなら」
と、わざわざ裏に探しに行って
病院にあった一本をくださいました♪

病院でこんなに夢中で
オヤツを食べる猫ちゃんは
やっぱりいないようで、
先生は感心しきりという感じでした。

こうして出かけることに対しての考えや、
今後の治療方針に関しても
少しずつお話させてもらっています。

先生にちゅーるもらっちゃった♪
聴診中です。右手はもらったちゅ~る♪

転院と言う、我が家にとって
とても大きな決断が
良い結果になるように、
今後も先生と色々な事について
話し合っていこうと思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

 
 

 - 愛猫


Comment

  • 診察しながら、ちゅーるって…
    なんと肝がすわったにゃんまるちゃん。
    うちの芽生は、食欲すごいのでこれ使えそうです〜。
    これができたらいいなぁ。
    でも、だいたいご飯抜いて来てくださいっていうのが
    ほとんどなんですよね。。。

     
  • Happy Cat より:

    コメント、ありがとうございます。
    にゃんまる、スゴイでしょう!
    今はこんなに病院もへっちゃらになったけど、元々はノラちゃんで、極度の人見知りだったんですよ。
    もうその面影はないから信じてもらえなかったりするけど(笑)

    > うちの芽生は、食欲すごいのでこれ使えそうです〜。

    食欲旺盛な子はいろんな可能性を秘めていますよ!
    生き物として食欲旺盛なのはいい事、正しい事です。
    その食欲をいかにコントロールして有意義にトレーニングしてあげるかが、猫の生き易さに影響すると思います。

    > でも、だいたいご飯抜いて来てくださいっていうのが
    > ほとんどなんですよね。。。

    これは、前の記事を読んでいただけばわかるように、何の検査をするかによって違います。
    あと、今回のように直前に食べる分には血液に影響はないので、検査時にオヤツをあげる事が問題になることはほとんどないと思いますよ。
    (ただ現実には、診察台の上でオヤツを食べられる猫ちゃんはかなり少ないと思います)

     
  • ai より:

    獣医さんが感心するほどにゃんまるはちゅ~るを舐めていたんですね。すごいです。
    病院におやつが置いてあるもの驚きました。あまりおやつを置いてあるイメージがなかったので…。
    飼い主さんの話を聞いて受け入れてくださる獣医さんは素敵ですね。
    猫にとってより良い治療や診察を受けられるよう、ちゃんと獣医さんとお話することは大切だなと思いました。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    おやつをあげてもいいのか?など聞ける関係を作る事が、猫の為と思えば獣医さんに色々聞く勇気も湧いてきます!
    両手にちゅーるの写真がとても好きです♪

     
  • なかたにょん より:

    いまやっと長男が車の中でならおやつを食べられるようになり、次男が病院の帰りならおやつを食べられるようになってきました。
    まだまだ先は長いですが、このまま少しずつその行動を増やせるようにしてあげたいと思っています。
    彼らにこの記事を見せられたらどんなに話が早いことか…(笑)

     
  • にしだかよ より:

    先日、獣医さんと話して。
    「わんちゃんだったら、オヤツを食べながらってあるけどねぇ、ネコちゃんはどうかな。。。」ー「先生、います、出来ます!」。どうして無理!みたいな目でみるのだろう、見たことないのなら、私が!そんな出来事がありました。

     
  • かとうまさみ より:

    獣医さんに話をしてみようといつも思うのですが、診察台についた肉球の後を見て焦ってしまい数日の対処法だけ聞いて早々に帰ってきた日がありました。
    自分1人だけで病院に出向き先生とお話をする日を作らなければと思っています。

     
  • さとうあいこ より:

    カナダの猫専門病院に滞在していた時、診察のたびに、特に病気では無い子はみんなおやつをもらっていました。
    ドライフード数粒とか、子猫だったらウェットフードをあけてもらったりしていました。
    すごくいいなぁと思ったので、現在普及活動中です!

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

ありがとうを伝えよう♪
元気な時に何ができるか

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 老猫の体調管理は …

ナデナデはいらんかね〜(=^・^=)

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 とある日の午後。 …

タレ目のちゃあちゃん♪

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 ちゃあちゃんがい …

ちゃあちゃんがドーン(((o(*゚▽゚*)o)))

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 先日発売された雑誌 …

「うちのコ」スペシャルは?
オヤツを選ぶ楽しみ♪
はじめまして「モコロン」です♪
どっちから音がしているのか分からない
猫と一緒に旅行