*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

「好き」だけど必要以上の興奮がない状態

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

しつこく来客トレーニングの話です。

せっかく「大好き」になったのに
微調整とはこれいかに。

ということで、前々回の
「好き過ぎでもストレス」
の話に戻ります。

楽しいこと、刺激的なことは
その瞬間はいいのですが、
あとに疲れが残ります。

来客に必要以上に興奮することは
猫を疲れさせていることになるのです。

なので、微調整。

「お客さんが来る」というイベントは
楽しいことではあるけど、
特に自分に関係のないお客さんや
私とお客さんが話している時は、
お客さんの横にへばりついて
トリックの催促をしたりせず、
普通に普段通り寝たり寛いだりしていられる。

それが私の目指すところです。

この箱に触る、をクリッカー中

今回のちゃあの
「抱っこしてもらって寝る」
と言うのは、
私の目指しているゴールに
とても近いです。

「好き」だけど必要以上の興奮がない。

これが猫のストレスが少ない状態です。

・・・でもだったら最初から
適度に好きになってもらえば?
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そのことについては、また次回。

お読みいただき、ありがとうございました。

 
 

 - トレーニング


Comment

  • ai より:

    猫が興奮しすぎずにいられることはいいことですね。
    お客さんが来ても緊張せずに寝ていられるのは素晴らしいことだと思います。
    嫌ではなく好きだけど落ち着いていられる、理想ですね。

     
  • 西川 より:

    好きすぎてストレスというのは、必要以上に興奮してしまい疲れてしまう事だったのですね。その視点から考えた事はなかったので新鮮でした。

     
  • かとうまさみ より:

    適度に好きになってもらう、微調整をするには今のオヤツのランクを落とすことしか思いつきません。他に方法があるの?と考えながら読み進めています。

     
  • なかたにょん より:

    好き過ぎて興奮して…という姿を良しとするケースは多いかもしれないですね。
    そうではない、ということをきちんと具体的に理解して落とし込んでおきたいです。

     
  • さとうあいこ より:

    これが毎回お祭りだと疲れるとか毎回花火大会だと疲れるとかの具体例なのでしょうか。
    好きすぎて興奮して疲れてしまうから適度が良い という目線はありませんでした。続きが楽しみです。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事