*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

病院に慣れなくて・・・

      2015/09/15

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

外耳炎になってしまったようで、
耳鼻科を受診しました。

病院は苦手です(>_<)

ま、得意な人もいないでしょうが…

何するのか分からないって、
たまらなく不安・・・

痛いことしないかな?

「こんなになるまで放っておいて!」
って怒られるかも(。>д<)

・・・いい大人のくせに怖くて
できるだけ避けて暮らしてます(苦笑)

ぼくは平気だよ。

猫のことだと、慣れてもらうために
出来るだけしょっちゅう連れて行きましょう♪

なんて言ってるくせに、自分はねぇ^^;

実際、猫をワクチンの時と
一年に1、2回検査の時、
それに具合の悪い時以外、
元気な時に病院に連れて行く人って
いるんだろうか?

犬だと少ないだろうけど、確実にいる。

でも猫だとどうだろう・・・

病院にやってきたよ。

涼しくなったらまたカート散歩で病院に行って
オヤツをあげようと思ってます♪

お読みいただき、ありがとうございました。

 - その他


Comment

  • 西川 より:

    人間はまだ物事を自分で理解できたり回避したりできますが、飼われている猫はそうはいかないですよね。人が病院に行くといったら行く、検査をするといったら診察台に乗らざるを得ません。人間側から考えてみたら当たり前の流れですが、そこで立ち止まって猫側の気持ちになる事が大切だと思います。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    私も早く暖かくならないかなぁと待ち遠しく思っています。
    今通っている病院の受付の方にお散歩のついでに寄ってもいいですか?と聞いたら「?????」な顔をされました。が、めげずに理由を伝えると納得してくれました。猫のためならめげずに頑張れます。自分の事となると・・・ですが(笑)

     
  • かとうまさみ より:

    元気な時でも病院に寄れる日がくるよう毎日キャリーの練習をしています。最近みーつんがキャリーに入って顔だけちょこんと出した状態でオヤツの催促をする日が出てきました。着実に好きな場所になるように練習を重ねていきます!

     
  • なかたにょん より:

    病院の方でも最近は「用事のない時でも立ち寄っていただいて構いませんよ」と言ってくれるところが増えてきていると思いますが、実際にいらしている方はまだまだ少数だと思います。
    繁忙期は立ち寄る側も気が引けたり、逆に患者さんの多さと雰囲気で考えてしまうかもしれませんが、そうでないときに「お立ち寄り歓迎月間」等として告知して病院から飼い主さんにアピールする、というのはどうだろう??とふと思い付きました。。

     
  • にしだかよ より:

    具合が悪くないのに病院に行くことを、おもいもつかなかったのですが、猫のためになることをいまでは知りました。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事