*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

何をするのかわからないって不安^^;

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

実は数年前、酷い外耳炎になって
やっぱり受診したことがありました。

その時に点耳薬を処方されました。

その点耳薬を家でやってみたら、
あまりに不快な状況になって
結局二度とやりませんでした(苦笑)

今回、初めに先生に診察をしてもらって、
その後、点耳薬をその場で
やってもらうことになりました。

でも私にははっきり言って
恐怖でしかなく…^^;

まぁ、今回は以前ほどの酷い不快感はなく
なんとか耐えられましたが(苦笑)

その後もう一度先生の処置。


「何するの?」って思っても
にゃんまるは普段からトレーニングしてルールが分かってるから
いい子で待っててくれるんだよね♪

その時も何をされるのか分からなくて
怖くて緊張していたのですが、
「それは何ですか?何をするんですか?」
といちいち聞いてみたところ、
だんだん先生もいちいち何をするのか
教えてくれながらやってくれるようになり
後半は安心して処置が受けられました(^^;;

私はきっと特に怖がりなんだと思うけど(苦笑)
何されるかわからないって怖いですよねぇ。

猫もきっと慣れないことをされる時、
例えば、投薬の時とか、
病院などに行った時、
こんな風に不安なんだろうなぁと
改めて思いました。


目薬だってヘッチャラだよ♪

人間は
「何するの?」
「それをするとどうなるの?」
「痛くない?」
っていちいち聞けるし、心構えとか、
準備とかできるけど、
猫にはそれが出来ない。。。

「そんなのしょうがない」
ではなく、
「どうしたら少しでも怖くないように
してあげられるのか」
それを常に考えて猫と
コミュニケーションを取っていく。

そういうことに多くの方が興味を持って
一緒に実践していただけたらー。

そう思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 - その他


Comment

  • mejoro より:

    きっと違和感があって常に気になってしまいますよね。
    お大事になさってください。
    耳鼻科といえば…
    やはり耳で以前かかった時にお医者さんに
    「患部を上にして頭を預けてください。」
    と言われ、
    なぜかためらったあげく…、

    先生の胸に頭を預けてしまいました。

    「後ろにもたれられますからね。」
    と言われて間違いに気付きハッ!と。
    恥ずかしかったです。
    緊張から間違えたと信じていますが。

    人だってそうなのですもの猫ならなおさらですね。
    タビは先日、動物病院で棚に置いてあるPCモニターの後ろに四角くなって隠れてしまいました。^_^;

    28日、セミナー聴きに行きます!お会いできるのを楽しみにしています。

     
  • Happy Cat より:

    コメントありがとうございます(^^)

    > 耳鼻科といえば…
    の話に爆笑(≧∇≦)
    あ、ゴメンナサイ(^^;;
    でもホント、わかりにくい時ありますよね!
    自分にとっては当たり前のことも緊張している人にとっては当たり前ではない、と改めて感じました。
    言葉での説明が不可能な猫にとっては、知らないこと慣れないことは試練ですよね〜。
    タビちゃん、動物病院で隠れちゃったんですか…
    大変でしたね(^_^;)

    28日、何時ごろいらっしゃるとか、どれに出る、とか、もしご連絡いただければ調整してお話しできるかと…
    もし良ければご連絡ください(^^)

     
  • ai より:

    人でも何をされるかわからないことがあるため、猫にとっては尚更だと思います。
    人にとって当たり前だと思うことでも猫は大丈夫かなと考えて不安にならないように接してあげたいです。

     
  • 西川 より:

    前の記事のコメントとまったく同じことを感じています。私も「しょうがない」と考えていた方なので、必ずしもそうではない事に気づいた今だからこそ出来る事を少しずつやっていく姿勢でいようと思います。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    トレーニングでルールを知ってもらう。それだけで負担はかなり軽減できますね。
    できるようになった時の感動は何度味わっても、やってよかったな!と思えます。
    ただ、言葉の合図は外で言っても恥ずかしくないものにしないとな、と練習していて思いました(照)

     
  • かとうまさみ より:

    言葉で伝えることができないからこそトレーニングが大事なんだと改めて思いました。猫が怖い気持ちにならなくて済むように、不安な気持ちにならないように普段のコミュニケーションを大事にしていきます。

     
  • なかたにょん より:

    何をするか分からない➡不安
    こう考えると全くもってその通りなのに、そこに気付くことができなくてずいぶんかわいそうなことをしていたなと思います。
    よく「言葉が聞けるのは通じたらいいのにねぇ」という会話を耳にしたり、自分でも言ったりしますが、特にこの点に関してはなぜこれまで気付けなかったのか、なぜ気付けないのか、勉強を重ねるにつれ今でも度々この疑問がわき上がります。

     
  • にしだかよ より:

    「これからなにをされるのか不安」、本当にそのとおりだと思います。それを、仕方ないでおわらせず、少しでも払拭できるよう出来ることは何かを工夫してゆきたいと思いました。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

その時何を感じているか
素敵な猫チーム♪
楽しい一年でした♪
2017年はいっぱい頑張りました(^○^)

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 今日はこの一年を …

病院に慣れなくて・・・

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 外耳炎になってしま …

せっかくのご縁だから
興味を持ったら行動あるのみ!!
no image
猫仲間のランチ会のお誘いです♪
今年もありがとうございました❣️

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 今年頑張った事、 …

獣医さんを味方につける方法

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 今日は私の書いた …