*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

猫ちゃんとのコミュニケーション、健康管理、QOL、ストレスの軽減を目的としたトレーニングをお伝えする教室「Happy Cat」のブログです。私が猫のトレーニングをすることになった経緯や、トレーニングに対しての思いなどを書いて行きたいと思っています。

人生の大きな分岐点だった年

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

猫との暮らしが始まって5年。

来て欲しくない現実と
向き合うことになりました。

初めての闘病と看取り…

猫についてこれからいっぱい勉強するぞ!
と意気込んでいた頃の出来事です。

その年、
ヤマトの具合が悪くなり闘病が始まったのが2月。

看取ったのが7月。(ヤマト3歳)

黒猫ヤマトです。

にゃんまるが喘息で通院を開始したのが8月。

みゅうが具合が悪くなって東大まで行き、
その後、7年半に渡る闘病生活が始まったのが11月。

面倒をみていた外猫(しろこ)が亡くなったのが12月の末。

男の子だけどしろこだよ♪

もう本当にお祓いでもした方がいいんじゃないか、
というくらいの年でした(苦笑)

当然といえば当然、私の勉強したいことは
猫の健康や病気についてになっていました。

あぁ、なんかすっごい暗いブログになってしまった(^^;;

どうしよう…

でも、この経験があったから今の私があるわけで、
この大変だった年は自分にとって
人生の大きな大きな分岐点だった、
大切な一年だったと思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 - プロフィール


Comment

  • ai より:

    いろいろなことが起きた年だったんですね。へこんでばかりではなく、猫のためにと前向きに勉強に取り組んだところが素敵だなと思いました。

     
  • 西川 より:

    坂崎さんの猫の勉強についての経緯を知り、そんなに大変な思いをされていた事に驚きました。きっと色々な葛藤や後悔もあり、多くの事を考えて、悩んでこられたのだと思います。私には想像もつきませんが、そんな中でも勉強を続けていらっしゃる事は本当に尊敬します。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    私も去年は分岐点だった気がします。Happy Catに出会い、猫の勉強を始めて・・・猫たちの幸せについて本当に考えるようになりました。
    いつか来る別れの日まで何ができるのか、道を作ってくれている坂崎先生と先生と暮らしている猫ちゃんたちみんなに感謝です!

     
  • かとうまさみ より:

    そんなに大変ことが重なっても前を向いている清歌先生に心を打たれます。この年が人生の分岐点だったと言える強さを尊敬します!

    先生のブログのどこかに「日向ぼっこができるようにお日さまだって出してあげたかった」とあり大泣きしたことを思い出します。世の中にはこんなに優しい人がいて闘っていたのか‥と衝撃を受けた瞬間でした。

     
  • なかたにょん より:

    1年という期間にこんなにたくさんのことがあったなんて、考えると言葉になりません。
    別れはいつか来るけれど、その時に自分が何を感じてどう思うのかそれは今が作るんだと改めて思いました。
    いつもとは違った角度から考えさせられた記事でした。
    8

     
  • にしだかよ より:

    なんと、いろんなことが起こっていた年でしたね。当時のご心境は、私には想像もつかないほどに大変だったことと思います。時間を経て、こうしてお話してくださることそして、それを分岐点と取り組まれる姿勢に頭が下がります。後になって、あの時頑張ったと思えるようになろうと思います。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事