*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

実践!キャリーの扉を閉めてみよう♪

      2016/12/18

こんにちは。
Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。

キャリーバッグに慣れて
入っているところを
よく見かけるようになったら、
いよいよ扉を閉める練習です。

キャリーの中でオヤツを食べている時に
扉に手をかけましょう。

猫さんの反応をよく観察してください。

少しでも気にする素ぶりがあるなら
手をかけるだけで、閉める方向に
扉を動かしてはいけません。

そのままもう片手でオヤツを
追加してください。

全く気にせずオヤツを
食べ続けるようになったら
扉を少し閉める方向に動かして
オヤツの追加を繰り返します。

だんだん扉が閉まった状態になります。

その時、カギはかけずに、
もしも猫さんが出たかったら
いつでも出られるようにしておきます。

で、その状態で扉の間から
オヤツを入れていきます。

途中で猫さんが出てきたら
今日の練習はおしまい、
オヤツもおしまい。

出てこない場合はオヤツを追加していきますが、
一粒入れたら一拍待って次を入れる、
というように、オヤツを追加する間隔を
すこーしずつ開けていきます。

そうそう、大事な事を書き忘れてました!

1日の練習量のオヤツは
予めゴハンから取り分けておいてくださいね。
(※ここでのオヤツはゴハンと同じカリカリのことです)

文字で読んでもわかりにくいかと思いますので、
ぜひ下記のブログにある動画を参考にして
愛猫さんと練習してみてください♪

「キャリー大好き作戦」

ここで少しだけアドバイスすると…
前からだけではなく、
横から後ろからオヤツを追加して
中でオヤツ探しをしてもらうといいかと思いますよ(^^)

お読みいただき、ありがとうございました。

※1月22日の入門講座はキャンセル待ちのみの受付になります。

にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 

 - トレーニング


Comment

  • ほそやじゅんこ より:

    入ってくれると扉を閉めたくなる気持ちをぐっと抑えて、猫の気持ちになって次に進むことが大切ですね!
    入るのがあまり好きじゃない子には、あちこちの隙間からおやつを入れて、中にいることを楽しんでもらうようにしています!

     
  • かとうまさみ より:

    本当に扉を閉めたくなる気持ちをグッとこらえて一歩ずつです。前から後ろからのオヤツ追加でキャリーが楽しい場所になるようにしてあげたいと思います。

     
  • にしだかよ より:

    今自分がなにをしているのかを理解して、丁寧に慣らしてあげたいと思います。

     
  • さとうあいこ より:

    扉が閉まる=閉じ込められた にならないようにちょっとずつですね。
    リンクのブログにあった、『キャリーは移動のための道具なので、動いてこそのキャリー』という言葉が印象的でした。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

楽しく修行に励んでます♪

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 行動分析学の記事は …

キャリーバッグに慣らす方法

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 突然ですが、 あ …

目指すは「ちょうどいい加減」

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 我が家にやって来た …

気を紛らすオヤツと学びのオヤツ

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 今回は前回の続き …

オヤツが貰えれば良いってもんじゃない

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 我が家の猫たちは …

ランチを楽しみながら♪

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 先日、去年の春にH …

準備運動をしたら・・・

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 取材撮影の時に同じ …

「お手」は何のため?

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 「うちのコ『お手』 …

トレーニングの科学的根拠

こんにちは。 猫のためのトレーニングを お伝えしている教室「Happy Cat」 …

愛猫ともっと仲良くなりたい人にやってもらいたい事

こんにちは。 猫のためのトレーニングをお伝えする教室 「Happy Cat」アド …