*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

猫ちゃんとのコミュニケーション、健康管理、QOL、ストレスの軽減を目的としたトレーニングをお伝えする教室「Happy Cat」のブログです。私が猫のトレーニングをすることになった経緯や、トレーニングに対しての思いなどを書いて行きたいと思っています。

来客慣れトレーニングは必(ず)要(る)!

   

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

『来客慣れ』は、是非やってもらいたいと
思っているトレーニングです。

ただ、すでに来客が怖い猫さんに
お客さんに慣れてもらおう!と頑張ると、
かわいそうな結果になりかねませんので、
十分注意が必要です。

例えば、インターホンの音だけで、
すでに怖がっている猫さんには
『インターホンの音』を「怖くないよ」
と教えてあげるトレーニングと
『来客』そのものを「怖くないよ」
と教えてあげるトレーニング、
それぞれ別に行う必要があります。

この記事を書くきっかけとなった、来客慣れバッチリの
にこちゃんの写真をご覧いただきます♪

また場合によっては猫さんが
怖がっているのが『インターホンの音』
ではなく、その音が鳴った時の
飼い主さんの変化(行動)かもしれません。

今まで平和に静かに膝に乗って
撫でてもらっていたのに、
「ピンポーン♪」と鳴った途端に
膝から下され、飼い主さんが
いつもと違う、よそ行きの声で
「はい〜」とか言うのがイヤ(コワイ)
ということも考えられます。

その場合は当然そちらへの対応が必要です。

また飼い主さんが
「うちのコはお客さんを怖がっていない」
と思っているだけで、実は
「怖がってますよ…(^^;;」
ということもあります。
(実際にお伺いすると
そういうことはままあります)

この様に『来客慣れのトレーニング』
と一口に言っても、色々なことを
考えなくてはいけません。

猫さんがどの部分で
来客を苦手としているのかや、
怖がっているかどうか、
客観的に見直してみるために、
また、もし大丈夫だった時に
次のトレーニングに繋げていくためにも
『来客慣れトレーニング』を
していただきたいと思っています。

にこちゃんは以前『来客慣れトレーニング』も頑張ってくれました♪

入門講座を受講してくださった方を
対象として『来客慣れトレーニング』の
ご相談に乗っています。

『来客慣れ』はその後の
全てのトレーニングに繋がっています。

ぜひ一度ご検討ください。

お読みいただき、ありがとうございました。

 
 

 - トレーニング


コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

「これまで」と「これから」の健康管理
なぜやめて欲しいのか
爪切りは『お手を拝借』なのです

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 もう何度も書いて …

トレーニングの科学的根拠
着いたらすぐに〇〇だよ(=^・^=)

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 『キャリーはタク …

ハズバンダリートレーニングの講演会

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 千葉市動物公園に行 …

キャリーバッグに慣らす方法
噛まなくてもいいんです

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 猫の歯の数、数えて …

爪切りに慣れて欲しかったら?
キャリーはタクシー♪

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 キャリーバッグ、 …