*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

「ふれあい」って何を学ぶ場なんだろう?

   

こんにちは。
Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。

前回の動物園に遊びに行った時のこと…

「ふれあいコーナー」みたいなの、
動物園にあるじゃないですか?
アレ、どう思いますか?

私も子供の時から(ある意味今でも)
色々な動物に「触りたい」人間です。

その自覚の上に
「触りたい=触っていい」ではない、
という事を学んできました。

こちらの動物園の唯一のネコさん♪

動物を『触りたい』という気持ちを
否定する気はありませんが、
『【触りたい=触っていい】ではない』
『相手(動物)にも気持ちがある』
という事を学ばずして
動物との触れ合いだのなんだのと
言って欲しくないなぁ・・・

今回「ふれあいタイム」の場面を見て、
なんていうか、
「あんなふれあいで何が学べるの?」
と思ってしまいました。

まず、無理やり抱っこ。
そして親の「こっち向いて!」でカメラ目線。

「ふれあう」ための努力を何もせず、
相手の気持ちを考えず「お触り」して、
そこから何が学べるのか…

「こっち向いて〜!」の気持ちが通じたのかな(=^・^=)

できるだけ動物に負担をかけず
『動物と仲良くなる、動物とお近づきになる』
そんなイベントを考えてほしいと思いました。

前回の「ミカタ☆レッスン」主催の
つまき♪さんのブログをご紹介します。

とっても共感しますし、勉強になります。
ぜひ読んでみてください。

「ふれあい」の次世代ネーミングを考える♪

お読みいただき、ありがとうございました。

 
 

 - 参考記事紹介


Comment

  • ほそやじゅんこ より:

    私も子供の頃に、ふれあいコーナーで大人たちに触れ触れと言われた記憶があります。嫌だ!と言えずイヤイヤ触っていました・・・
    大人たちは何がしたかったのかいまだにナゾです。
    教育に動物が必要なら、まずは大人が動物について学ばないと子供達には何も伝わらないと思います。

     
  • にしだかよ より:

    「ふれあい」という言葉に、身体の触れ合いばかりでなくて、心のふれあいも含んで伝わるようになればいいなあと思います。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

読書の秋到来♪

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 今年は駆け足で夏 …

家の中でも事故は起こります

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 前回は飼育環境を …

猫を愛する人に知って欲しいこと

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 あなたは『猫』と …

猫に室内で暮らしてもらうことの最大のメリット

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 私は、 《猫に室 …

ピコちゃん猫ねこ部デビュー♪

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 少し前に公開にな …

「猫の反応を見ての工夫」って楽しい、素晴らしい(^O^)
猫学アウトプット!ありがとうございます♪
受講する前と後で実感するために

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 先日、ペットシッ …

「猫」という動物について
愛猫への最初のプレゼント♪