*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

猫のウェルビーイングを考える

      2016/07/06

こんにちは。
Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。

先日、動物病院に行った時、
待合室で出会った犬の飼い主さんは
だいきちの姿を見て
「これ、ねこっ!!?」ってくらい
ビックリしていました^^;

前の記事でも書きましたが、
こんな時、だいきちは
全く人見知りをしません。

image
待合室で診察を待ってます♪

子猫の時にどう過ごしたかって
まもなく14歳になる今に至るまで
影響するんですよね…

猫の社会化期はとても短くて、
その時に私たち一般飼い主と
過ごすことはあまりないですよね。

でも社会化期に学んだこと、
経験したことは猫の一生に影響を与える。

それを考えると、
社会化期を一緒に過ごす人の
責任の大きさと、
その時に一緒にいなかった人(現飼い主)が
その後どうすれば
猫が暮らしやすくなるように
トレーニングしてあげられるかー。

image
診察室でオヤツを舐めるだいちゃん♪

その両方が猫のウェルビーイングに
大事なことだなぁと感じています。

昔書いたこちらの記事も参考に
読んでもらいたいです。
「社会化」はおとにゃになっても

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 - 愛猫


Comment

  • ほそやじゅんこ より:

    我が家の猫たちを見ていて、人見知りしないのは本当に財産だと感じています。
    財産を一生モノにするために、できることをこれからも続けていこうと思います!

     
  • かとうまさみ より:

    うちのコはみんな人見知りですが、人馴れの練習で来てもらっている2人に対してはもうすっかり慣れスリスリしたり膝に乗ったりするようになりました。これからもゆっくりゆっくり丁寧に人馴れの練習を続けていきたいと思います。「社会化」はおとにゃになっても!ですね。

     
  • にしだかよ より:

    うちの子たちも人見知りするほうですが、ゆっくりと慣れていってほしいです。何歳になってからでもというところに希望が湧きます。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事