*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

みゅうとの生活・5

      2015/09/02

こんにちは。
Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。

みゅうとの大変だった闘病生活は、
私がトレーニングを学んだ事で
大きく変わりました。

投薬のためのトレーニング、
病院での検査の時にできるだけ負担を
軽減するためのトレーニングなど、

みゅうのためにちょっとでも
役に立ちそうなトレーニングを、
みゅうに楽しんでもらいながらする為に、
一生懸命考え、実践しました。

注射スタイル
注射するときの格好を家で練習中

その結果、みゅうは薬を用意していたら
自分から来てくれ、いい子で
飲んでくれるようになりました!

薬を飲ませる定位置で待っているだけで、
捕まえに行ったりする必要はありません。

バスタオルなんか必要としないで、
一人で飲ませることが
できるようになったのです♪

お読み頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに参加したので、ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 - 愛猫 , ,


Comment

  • さとう より:

    本当に、お辛い中だったとは思いますが、坂崎さんが努力されて、みゅうちゃんの投薬が上手くいくようになったことは、本当に素晴らしいとおもいました。

     
  • 西川 より:

    私も薬を飲ませる時に嫌がる様子を見るのは気持ち的にも辛いものがあるので、どんなトレーニングだったのか、とても興味深いです。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    気持ちの切り替えをするって本当に大変な事だと思います。
    トレーニングもいつでもすんなり行くわけでもないだろうし…
    でも理想を見失わず続けること、猫のためにはそれしかないですね!

     
  • すずきちえ より:

    “みゅうちゃんのためにちょっとでも
    役に立ちそうなトレーニングを、
    みゅうちゃんに楽しんでもらいながらする為に”

    この言葉が印象に残りました。
    ちょっとでも役に立ちそうなトレーニングをいろいろ試してみること、
    それは嫌々ではなく楽しんでもらうこと、すごく勉強になります。

    たくさんの愛情と努力、想いは
    確実にみゅうちゃんに伝わっていますね。

     
  • なかたにょん より:

    薬を用意していたら自分から来てくれて..が、トレーニングで可能になるなんて!
    すごいことだと思います。
    出来るだけ負担を少なくしてあげる、自分も含めてたくさんの飼い主さんが望んでいることだと思いますが、思い付かないでいることがほとんどだと思います。
    猫でもトレーニングができる、大事、をもっと知りたいし伝えていきたいです。

     
  • かとうまさみ より:

    よかったねみゅうちゃん!!

    私が先生のブログの色々を実践しはじめたのはこのページがあるからです。今日からやろう!今すぐやろう!と心から思えた。

     
  • さとうあいこ より:

    トレーニングの威力はすごいですね。
    継続が難しい理由が、変化が見えないから という場合、求める変化の幅が大きすぎる、つまり行動の分解がまだ大雑把すぎるということなのでしょうか?

     
    • Happy Cat より:

      それもあるでしょうし、どこを見ればいいのかわかっていない、ということもあるかも。
      「分解」と「観察」、両方の仕方を学ばなければ変化は見えてこないでしょうね。

       

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事