*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

「撫でてもいい?」

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

猫とのカート散歩の際、
声をかけてくれた人に、私はいつも
「オヤツをあげてもらえますか?」
と声をかけます。

一度も「撫でてもらえますか?」
と言ったことはありません。

オヤツは喜ぶよ

でも、どの人もみ~んな
オヤツをあげた後、猫を撫でます。

確率で言ったらほぼ100%!

猫たちは撫でられて嬉しいでしょうか?

答えは「NO!」です。

だって知らない人ですよ!

人見知り克服のために
オヤツをもらってるんですよ!

でもまさか、自分から
「オヤツあげてください」
って言っておいて、
「撫でないでください 」
とは言えない・・・

オヤツの後で撫でるんだよねぇ

誤解のないように付け加えるなら、
私は「撫でちゃダメ」と
思っているわけではないです。

「撫でたい」「撫でてもいい?」
と言ってさえくれれば、OKなんです。

そうすれば、うちの子たちが、
今後撫でられるのが好きになるための
トレーニングも出来るし、
ちゃんと対処方はあるんです。

オヤツを舐めてる間に撫でてもらうとか、
撫でてからもう一度オヤツをあげてもらうとか。

(現状、撫でた後、もう一度あげてもらう事も
あるのですが、そのあと大抵また撫でます:苦笑)

撫でられてもねぇ・・・

ナデナデは、人と猫、
どちらにとって嬉しいことなのか、
本当に猫はナデナデを喜んでいるのかー

言葉を話さない猫の気持ちを汲み取って
「好きだからこそ触らない」と言う選択が
あってもいいと思うのですが…

頼んでオヤツあげてもらっておいて
欲張り過ぎですかね(苦笑)

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - お出掛け


Comment

  • 庄子 より:

    なるほど、なるほど
    なでる前にまず猫様におことわりですね。

    なんでうちの仔はかむのでしょうか。
    やっぱりいやなんでしょうね。。。
    なかなか距離が縮まりません。
    トレーニングもやっぱりやり方あるんですよね。。。

    部屋にひとりになると鳴くんですよね。。。
    で、部屋にもどってあげてもわたしに無関心。
    うちの仔の心理がさっぱりわかりません。

     
  • Happy Cat より:

    コメント、ありがとうございます。
    犬の場合噛むかもしれないなどと思って撫でる前に聞く人もいるようです。
    また私は撫でる前に飼い主にことわるのは当然のことだと思います。
    (でも「犬を撫でる前に、飼い主さんにいいか聞きましょう」と一生懸命広めようと活動している人がいるのが現状ですね)

    猫だから撫でていい、オヤツをあげたのだから撫でていい、ということにはならないと思いますけどねぇ…(苦笑)

    > トレーニングもやっぱりやり方あるんですよね。。。

    そうですねぇ。
    独学でもできると思いますが、それにはしっかりと勉強する必要がありますね。
    動物行動学や行動分析学の本を読まれてはいかがでしょうか。
    あと、犬のサイトでもいい記事を書かれているところもあります。
    (判断が難しいかもしれませんが…)
    Happy CatのHPにオススメの本が載っていますので、参考になさってください。

     
  • ai より:

    おやつが食べられるから撫でられるのも平気とは限らないですよね。

    以前犬を担当していた時に、触れ合いの前に必ず犬との挨拶のやり方を伝えていました。
    その中に、”近づいて勝手に触るのではなく飼い主さんや犬を連れている人に「触ってもいいですか」と聞きましょう”というのがありました。いきなり触りに行ってしまうと犬が嫌な思いをしたり思わぬ事故につながることがあるからです。犬猫の様子を見て接してあげるのはもちろんですが、まずは、飼い主の方に「触ってもいいですか」、「撫でてもいいですか」と一声かけることが当たり前になるといいなと思います。

     
  • さとう より:

    ナデナデは、人と猫、どちらにとって嬉しいことなのか、
    猫は本当にナデナデを喜んでいるのか…

    その通りだと思いました!

    私は外で猫を見つけても、それとなく見つめ過ぎないように観察したり、猫の行動に影響を与えないように遠巻きに見ているのが好きです。が、本当に猫が好きなの?と言われて説明してもなかなかわかってもらえないことが多いです。

    飼い主がいる猫ちゃんでは、万が一不安から攻撃に出てしまったら大変だし、触ってもいいか聞くことが当たり前になって欲しいなと思いました。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    我が家のお隣に住んでいる方は動物と暮らした事がないのですが、以前お散歩中に偶然会った時に触ってもいいですか?と聞かれた事がありました。

    おやつをあげてもらいお隣さんが撫でようとしたら、猫が構えたので心の中で、あっ…!と思った瞬間に、手を引っ込めてくれました。

    動物と暮らした事がない、接した経験が少ない人でもちゃんと見れば分かる事なので、せめて一声かけてからと言うのが一般的になればなと思います。

     
  • 西川 より:

    猫が嬉しいかどうかより、オヤツをあげたら食べてくれた事に対して自分自身が嬉しかったり、その可愛さから褒めてあげようと思ったりして自然と手が出てしまうのかなと思いました。
    猫の気持ちにたてる人が増えればいいし、勉強をしている立場としてそれをうまく伝えられるようになればと思いました。

     
  • すずきちえ より:

    私も西川さんと同じような感想を持ちました。
    オヤツをあげたことによってグッと距離が縮まったように感じ、
    触りたい!撫でたい!と思わず手が出てしまうように思います。
    こればかりは、「人見知りなので」「トレーニング中なので」と
    前もって一人一人に説明して周知していくしかないのかな、と思いました。

     
  • にしだかよ より:

    なぜオヤツをあげてもらうかと共に、さらりと「触らないで」の言葉を添えるのも必要なのかもしれないと思いました。これから、散歩に出かける予定で、同じ経験すると思います、参考になりました。

     
  • なかたにょん より:

    前回と今回の記事を続けて読んで納得しました。
    理解しているつもりでも、こうやって具体的な言葉で自分で説明ができるかというとなかなか難しいなぁとも思いました。
    なので、そういう意味でもとても参考になりました。
    とてもタイムリーで仕事先で同様の話題がありました。
    納得したものをそのままきちんと表現できるよう、意識したいと思います。
    そして、「好きだからこそ触らない」が猫を好きな人たちによって、もっともっと知られていったらいいなぁとも強く思いました。

     
  • かとうまさみ より:

    オヤツをあげて下さいとは言えても撫でないで下さいとは言いにくいです。猫がキャリーでお散歩してたら可愛さのあまり近寄ってくる人も多そうだし、、、気にせず先に断ってしまえばいいのかなぁ。

     
  • さとうあいこ より:

    おやつをあげてください と お願い された人にとって、それを食べてくれた猫に対して、ありがとう!とか、エライねー!とか言いたくなるのが心情ですよね。そして、そもそも寄ってくる人ですから猫好きなので、つい撫でたくなる。
    、、、やっぱり、おやつをあげてもらう前に、触らないでほしいことを伝えた方が良さそうですね。本当に猫が好きな人ならわかってくれるはずなので!
    これも、未然に防ぐ の観点なのかも。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事