*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

「環境エンリッチメント」という言葉をご存知ですか?

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

先月
「エンリッチメント大賞」が発表されました。

「環境エンリッチメント」
という言葉をご存知ですか?

最近、ブログに
「エンリッチメント」
という言葉を使って
書いていなかったので、
もしかしたらご存知ない方も
いらっしゃるかもしれませんね。

獲物を狙うちゃた
オモチャで遊んであげるのも、もちろんエンリッチメント♪

まずはリンク先の説明が
分かりやすので、丸投げ(笑)
市民ZOOネットワーク エンリッチメント概論

↑に書いてあるのは
動物園などのことですが、
室内飼育されている猫についても
同じことが言えます。

「狩り」も「繁殖」もできない環境は
猫にとって、必ずしも幸せではありません。

(室内飼育や避妊去勢を
否定するものではありませんので
誤解のないようにお願いします)

にゃんまる獲物に食らいつく!
にゃんちゃん、スゴイ顔で獲物にくらいついてます!

【飼育環境を如何に工夫し、
豊かで充実した生活を
送らせてあげられるか】

今の猫との生活で
あなたが提供してあげている
エンリッチメントは何ですか?

お読みいただき、ありがとうございました。

 
 

 - 環境エンリッチメント


Comment

  • 勉強になりました。

    個々の環境に合わせることは大事。

     
  • Happy Cat より:

    コメント、ありがとうございます。
    そうですね。
    猫にとって環境とは、飼い主を含みます。
    生活空間を整えてあげることにとどまらず、個々に合わせてのエンリッチメントが大切ですね。

     
  • ai より:

    退屈しないように部屋のあちこちにフードをおいたり、パズルフィーダーを使ったりしています。
    パズルフィーダーを始めると、今まで退屈でワオーと鳴いていた猫がなかなくなりました。猫に楽しみを与えられて良かったです。

     
  • 西川 より:

    その種の行動の習性にあわせて環境をつくる事は、その子をお世話すると決めた飼い主が考えなければいけない事だなと改めて感じました。
    そうした環境で暮らしている子は、やっぱり生き生きしてるなと実感した出来事があったので強くそう思います。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    一緒に暮らしていると、猫たちに満足してもらう工夫は終わりがないなと思います。それだけ私自身も猫たちから刺激をもらっているんだと思うし、遊んでいる中で猫らしい生き生きとした姿を見られる時は猫も私も幸せなんだなと感じます。

     
  • にしだかよ より:

    思い返してみると、人間からの目線で考えることが圧倒的に多かったと思います。エンリッチメントという言葉を知ってからは、共存しているという意識をもつようになり、猫からの言い分も大切に思っています。

     
  • かとうまさみ より:

    猫の習性になるべく合わせるように遊び道具や家具の位置など考えるようになってきました。

    在宅時 オヤツをいろんな場所に隠して見ていたのですが、それを見つけてGETしていたのがぺだったのです。衝撃でした。みーつんがGETしているのだろうと思っていたのです。最近ウチのコの凄さを感じます。

     
  • なかたにょん より:

    この言葉を初めて聞いたときはイメージが湧かず驚きましたが、どういうものかを知ってからはとても意識するようになりました。
    そういう方、きっと他にもいらっしゃるのではないでしょうか?
    ちょっとした気付きやきっかけでできることはたくさんあるし、お互いに楽しく過ごせる工夫と位置付けてもっともっとこの言葉が広まるといいなぁとおもいます。

     
  • さとうあいこ より:

    今、Cat sense の読書二周目をしています。
    猫が本来どんな動物なのかを理解して、猫の生活を充実させるための工夫って、飼い主が勉強しなきゃいけないことが山盛りですね。
    水飲み場を増やして、水皿を大小いろいろ設置したら、いろんな場所で水を飲むことが分かりました。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事