*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

猫には「いつものトイレ」が大事です

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

先日、動物病院の待合室で
こんなお話を伺いました。

「最期の最期まで、
どんなによろけながらでも
いつものトイレに行こうとしたのよ…」

「お部屋でしていいからって、
寝ながらできるようにって、
ペットシーツ敷いても、
お部屋にトイレを置いても、
いつものトイレに必死で
行こうとするの。」

19歳で亡くなったコ、
20歳で亡くなったコ、
それぞれの飼い主さんが、
話してくれました。

私にも経験があります。

十年前、初めてうちのコを看取った時…

ヤマト、亡くなる2日前
こんなに痩せてヨロヨロでも最後までトイレに自力で行きました。

もう歩ける力なんて残ってないだろうに
最後の力を振り絞ってでも
猫はちゃんといつものトイレを
使おうとします。

そんな猫のために、
あなたはどんなトイレを
用意してあげますか?

病気になってからでは遅いのです。

「いつものトイレ」を使いたい猫のために
使い易い、快適なトイレを
今、用意してあげてください。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - 生活


Comment

  • ai より:

    猫はどんな時でもいつものトイレを使いたいんですね。
    知りませんでした。
    いつでもどんなときも、いつものトイレを快適に使えるようにしておきたいです。

     
  • 西川 より:

    この前に書いたコメントの続きになりますが、読ませてもらった記事には
    「猫トイレは室内で猫に排泄させるために作られたもの。砂もトイレも種類は多いけど、処理のしやすさとか消臭効果とか、飼い主にとって都合よく作られたものがほとんどです。」とあり、以前坂崎さんからもそのお話をお聞きしたので改めて考えさせられました。老いても使ってもらえるようなトイレを目指して試行錯誤していきたいです。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    考えさせられる記事でした…
    色々な都合上みんながくつろいでいる場所にトイレが置けないです…。でも、できないからやらないで終わらせずできることを考えようと思います!

     
  • にしだかよ より:

    辿り着くだけでも体力をつかっているのですよね。

     
  • なかたにょん より:

    ちょうど明日は月に一度のトイレ丸洗いの日です(笑)
    夫がいつもやってくれるのですが、トイレを順番に洗って乾かして砂も全て交換します。
    猫たちもトイレが綺麗になるのは分かっているみたいです。
    忙しかったり何なりで大変なこともありますが、これだけは続けていきます。

     
  • すずきちえ より:

    先の事を考えて、トイレに入りやすいようスロープも用意していますが、
    ペットシーツでも用を足せるようにしておいた方がいいのかな、とも考え始めました。
    「いつものトイレ」がたくさんあれば、老齢になった時、
    猫たちの身体の負担を少しでも減らせるのだろうか・・・など、いろいろ考えてしまいます。

     
  • かとうまさみ より:

    高齢の猫が入りやすいように入り口が浅いトイレがあったらいいと思うのですが、入り口が浅いのはチビッコ向けの小さなトイレばかりですね。そうするとスロープ設置が1番現実的なのかなと思ったりします。

    うちも亡くなってしまったコが最後までいつものトイレを使っていました。

     
  • さとうあいこ より:

    うちの子も亡くなる直前まで自力でトイレに歩いて行きました。排便の介助をしてあげたときにその子は自分の最期を決めたように感じました。自力で排泄できないことが、あんなにも猫の尊厳を損ねるということを痛感した瞬間でした。排泄しやすい環境作りは必須だと思います。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事