*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

より良い獣医療を受けるために

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

最愛の娘「みゅう」が病気になったことで、
病院との付き合い方、病気についての知識、
看護の方法、状態のチェックの仕方など、
自分にできることを必死で探るようになりました。

エリザベスで腕枕

ちょうどその頃、
キャットホスピタルの南部先生の講座が
NHK学園のオープンスクールで
開催されることを知り、
早速申し込みました。

初回クールはたった5名でした^^;

月2回、バッチリ勉強しました。

一般的な健康チェックの仕方
健康管理の基礎知識、
健康診断の意義、血液検査の見方、
などなど。

より良い獣医療を受けるために
飼い主として知っておいた方がいいことを
しっかりと教えていただきました。

シリンジで水分補給

余談ですが・・・

数年後、南部先生から
その時受講したものをまとめて
レポート提出をしなさい
と言われた時は、冷や汗ものでした(^^;;

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 - プロフィール


Comment

  • ほそやじゅんこ より:

    より良い医療を受けるために飼い主ができることを知るには、獣医さんの力が必要だなと思います。今の私にできることは病院の先生たちともっといい関係を作る事なのでじわじわと距離を縮めています。

     
  • かとうまさみ より:

    今やっと、みんなの体重をはかることが習慣になりました。とにかく毎日続けることで それが当たり前になればという気持ちです。まだまだやらなければいけないことがたくさんあって泡を吹きそうです!が、それもみんなが健康な今だから言っていられることだと肝に命じて先に進んでいきます。

     
  • なかたにょん より:

    病院との付き合い方については、勤めていた当時から色々と考えさせられることがあります。
    その時に感じたことは今でもちゃんと頭の片隅にあって、今の自分を作った一部分にもなっているかと思います。
    でも、記事にあるような講座を私も受けてみたいと思いました。
    今だからこそ気付けることや、実は知らなかったこと等、間違いなくあるように思います。
    9

     
  • にしだかよ より:

    ほそやさんのコメントにもありましたが、私も獣医師といい関係になろうと思いました。家庭でできるケアと病院でできるケア、両方を使って猫を守りたいです。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

猫の日イベント♪
猫のために自分にも何かできるかもしれない

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 私が猫写真を毎日 …

猫についての「何を」勉強するのか

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 最近、ある勉強の課 …

猫写真が趣味だったこともあったよねぇ・・・

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 私が猫写真を頑張っ …

引っ掻かれてこそ
猫を通じて人と人との繋がりを
小さなステップでも歩み続けよう
新しい挑戦!
うちの子の以外の猫ちゃんの生活

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 うちの子を可愛く …

生まれて初めての・・・