*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

猫ちゃんとのコミュニケーション、健康管理、QOL、ストレスの軽減を目的としたトレーニングをお伝えする教室「Happy Cat」のブログです。私が猫のトレーニングをすることになった経緯や、トレーニングに対しての思いなどを書いて行きたいと思っています。

猫がお腹を出して転がってたらどうしますか?

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

今日は随伴性ダイアグラムを使って
「嫌子出現の弱化」を。

例えば・・・
猫がお腹を出して近くに
転がったので、お腹を撫でた。
すると猫に噛みつかれて痛かった!
なんてことがあったとします。

猫をあまり好きでない人は
きっと次回、猫が近くで
お腹を出して転がっても、
多分撫でないでしょう。

(私をはじめ、このブログの読者さんは、
噛まれてもまた撫でるかもしれないですが:笑)

みゅうちゃんおなか撫でさせて

随伴性ダイアグラムで書くと

   直前             行動                  直後
痛みなし  →   お腹を撫でる  →    痛みあり

こうなります。

「お腹を撫でる」という行動は
「痛み」という「嫌子」が
出現したことによって
起きる確率が下がるわけです。

また、猫の方にしてみると、

    直前                  行動              直後
撫でられている  →   噛みつく →   撫でられていない

と言うように分析できます。

この猫ちゃんが次回
お腹を撫でる手をまた噛むとすれば・・・

さて、この随伴性はなんでしょう?

次回、答え合わせです。

お読みいただき、ありがとうございました。

 
 

 - 行動分析学


Comment

  • ai より:

    嫌子消失による強化ですね。
    噛みついたら嫌な撫でられることがなくなったため噛みつく行動の頻度が増える。

     
  • 西川 より:

    今日まさに撫でていて噛まれるという事をやりました;
    私も撫でる事をやめたので、「撫でる」事が嫌子とすれば
    嫌子消失の強化かと思います。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    この場合、
    猫にとって寝ている時に撫でられる=嫌なこと(嫌子)
    噛み付くと撫でられなくなった=嫌なことがなくなった(消失)
    次も寝ている時に撫でられたら噛み付く=増えている(強化)
    なので、嫌子消失の強化になります。
    分析して考えると猫に嫌なことを繰り返ししないで済むなと改めて思いました。

     
  • かとうまさみ より:

    嫌子消失の強化だと思います。

     
  • にしだかよ より:

    次回の猫ちゃんの随伴性は、嫌子消失の強化になりそうですので、こちらが撫でるのをやめればいいのですが、、、そんな格好をされると、また誰かが撫でてしまいますよね。

     
  • なかたにょん より:

    皆さんと同じく嫌子消失の強化です。
    このことを他のことに置き換えて我が家の猫の行動を考えてみました。
    案外色々やってしまっていたなぁと思いました…反省。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事