*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

「だいじょうぶ」はいつ言う?

      2015/08/08

こんにちは。
Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。

今日は、私がクリッカートレーニングを勉強する際に
お世話になったブログの中から、
猫の飼い主にもとても参考になる記事を
紹介させて頂きます。

ブログの著者、青木先生は
動物行動コンサルタントをなさっています。

愛鳥家でいらっしゃるので、ブログの内容は
「鳥」とその飼い主さん向けに書かれていますが、
猫も全く同じなのでぜひ参考にして欲しいと思います。

「「大丈夫」は、本当に大丈夫なときに」

この記事は昨年の震災のあとに書かれました。

震災後、不安を抱えた「ペット」達に
どう接したらいいか、私自身、
改めて見直すきっかけになった記事です。

ぼく、車はだいじょうぶ!

記事に書かれているたとえの、
「「ダイジョウブ」の音が、映画やドラマの
恐怖や不安を呼び起こす効果音」
と言うのは、うまい表現だなぁと感心してしまいました。

「大丈夫」をどうしたら「ペット」に伝えることが出来るのか、
日頃から出来る事、して置いた方がいい事はなんだろう
と考えるきっかけにしていただけたら嬉しいです。

お読み頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに参加したので、ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - 参考記事紹介


Comment

  • さとう より:

    私も、つい猫に、動物病院で大丈夫、大丈夫、と言ってしまっていました。
    確かにおっしゃる通りで、猫にはまったく伝わらないどころか、怖い効果音になってしまっていたのですね・・・

    反省しました

     
  • 西川 より:

    なるほどと思いました。
    人間からしてみれば「大丈夫」は相手を安心させるための「言葉」ですが、
    動物にとってはひとつの「音」でしかないんですね。
    そうした考え方も勉強する上でのヒントにしたいです。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    本当に分かりやすい表現ですね!
    難しい言葉や仕組みを使わずに、例えて表現するのはお勉強嫌いな私にはうってつけです!

     
  • すずきちえ より:

    病院で、診察台で、「ダイジョウブ」言っちまってました!
    いくら優しく言ったところで、猫にとっては恐怖のおまじないだったのでしょうか。(反省)
    「ダイジョウブ」が本当に大丈夫なのだと伝えられるよう、
    しっかり考えていきたいと思います。

     
  • なかたにょん より:

    皆さんもおっしゃっている通り、私も「なるほど!」と思いました。
    確かにそうですね..そうなっちゃいますよね。
    彼らの目線で考えるヒントがまたひとつ増えました。

     
  • かとうまさみ より:

    『大丈夫をおいしい、嬉しいに結びつける』‥‥このページを読むまで大丈夫という音の変わりに何をもってくるのか本気で悩んで大丈夫は言わないようにしていました。
    一体なにを勉強していたのか、、、
    衝撃的でした!

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

猫学アウトプット!ありがとうございます♪
猫を愛する人に知って欲しいこと

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 あなたは『猫』と …

「猫」という動物について
『記録とは安心と自信を与えてくれるもの!』

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 【より良い猫との …

今年もよろしくお願いします(*^o^*)
「ふれあい」って何を学ぶ場なんだろう?

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 前回の動物園に遊 …

『受け取ってもらえた!』が私の喜びです♪

こんにちは Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 前回の続きで、 『 …

読書の秋到来♪

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 今年は駆け足で夏 …

お気に入りブログ紹介♪ ~ごろ太三昧~
2回目の記事、UPされてます(^-^)

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 もうお気付きだと …