*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

猫ちゃんとのコミュニケーション、健康管理、QOL、ストレスの軽減を目的としたトレーニングをお伝えする教室「Happy Cat」のブログです。私が猫のトレーニングをすることになった経緯や、トレーニングに対しての思いなどを書いて行きたいと思っています。

「ナデナデ」はご褒美か

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

以前、妹がだいきちとトリックをした時に
「ご褒美にオヤツを要求された」ことを書きました。

普段私とトリックする時は
「オツム」(ナデナデ)がご褒美になるのに、
なぜ妹だとご褒美にらなかったのでしょう?

「オツム~」するだいちゃん

猫の気持ちになって考えてみましょう。

「ご褒美に気持ちいいところを撫でてあげる」
と言うのは人間の言い分。

「撫でてもらって気持ち良い」
と猫が感じるのは、
撫でてくれる人の存在が、
心地良い刺激、安心する存在として
認識されているからこそです。

だからむやみに「撫でてあげる」などと言う
表現を使わない方がいいなぁと思います。

気持ちいいね~♪

だって、猫の方からしてみたら、
心地良い刺激、安心する存在以外の人からの接触は
たとえ大人しく撫でられていたとしても
「撫でさせてあげている」
という表現が正しいのかもしれないから。

猫に「撫でて欲しい」と思ってもらえるような
心地良い刺激、安心する存在として
認識してもらえる飼い主になること。

それができた時、撫でることは
「ご褒美」になり、「撫でてあげる」
という表現がピッタリくるのだと思います。

満足顔のテトラ♪

撫でられることをご褒美として猫が認めてくれるー
そんな飼い主になれたら、飼い主冥利につきますね。

ご褒美には
「誰のナデナデならご褒美になるのか」
の他に、まだ
「いつならご褒美になるのか」
と言う大切なポイントがあります。

なので、その話もまた今度書こうと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - ご褒美


Comment

  • タンさん より:

    清歌さんこんにちは!
    なんかむずかしいですね(^^)
    とっても興味深々なお話でした。。。
    わたしもご褒美をナデナデにしてみたいです。

     
  • Happy Cat より:

    コメント、ありがとうございます。
    興味を持っていただけて嬉しいです。

    > わたしもご褒美をナデナデにしてみたいです。

    そうですね。
    ナデナデがご褒美になるような、素敵なコミュニケーションが猫と取れたら幸せですよね♪

     
  • ai より:

    「ナデナデ」が好きではなかったらご褒美にならないとは思っていましたが、飼い主さんでもタイミングや猫にとってなでられても安心できる存在である、ということも大事なのですね。

    猫をなでたとき、ゴロゴロと喉を鳴らして心地よさそうにしてくれると私も安心できます。猫にとって安心できる存在になれるよう接したいと思います。

     
  • 西川 より:

    どうしたら猫にとって安心できる存在になれるのかな、と考えてみました。
    例えば猫の嫌がる事はしない、好きな食べ物や良い環境を提供する事、
    猫に”この人から好きなもの(食べ物だったりキレイなトイレだったり)が
    いつも出てくる”と思ってもらえる事・・・
    人からすれば、猫とコミュニケーションがよく取れている事なのかなと
    思いました。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    ナデナデと言っても頭、顎の下、耳の後ろ、背中、尻尾の付け根、お腹…とたくさんあって、
    それがその猫にとってうれしい場所か、して欲しいタイミングなのか、心地いいなで方なのか、と何通りもありますね。
    いつでも猫目線でいられるよう頭に入れておきたいと思いました。

     
  • さとう より:

    猫カフェの猫がお客さんに撫でられたり、初対面の子どもが撫でているような時の猫がしばしば、「しょうがないな・・・」という顔をしているのを見ます。
    自分の猫でも、こちらの気分で触ろうとするとさりげなく避けられる時があります。

    猫を、もっとよく観察して、何を考えているのかきめ細やかにわかるようになりたいです。

     
  • すずきちえ より:

    “「撫でてもらって気持ち良い」と猫が感じるのは、
    撫でてくれる人の存在が、心地良い刺激、安心する存在として
    認識されているからこそです。”

    本当にそうだなぁ、と思います。
    撫でられることをご褒美として猫たちが認めてくれたら嬉しいですね。
    コミュニケーションとしてのナデナデと、ご褒美のナデナデの使い分けや
    タイミングがなんだか難しそうにも感じます。
    「いつならご褒美になるのか」というお話に興味津々です。

     
  • なかたにょん より:

    撫でてあげる、撫でさせてあげる、なるほどなと思いました。
    撫でる、がご褒美と思ってしまうのは確かに人間側の思い込みや期待なのかもしれませんね。
    とても深い話に感じられて、思わず我が家の猫たちを順番に撫でてまじまじと観察してしまいました。
    これからも少し視点を変えた接し方、見方、考え方を心掛けて、色々な発見をしたいと思います。

     
  • にしだかよ より:

    毎日が「安心する存在」への積み重ねです。

     
  • かとうまさみ より:

    勉強しはじめてからというもの猫が私のとなりで香箱を組んでいたり布団の中に入ってきたり足元にスリスリしてくれることがどれだけスゴイことなのか分かりました。もっともっと信頼関係を築いていって帰宅時には猫まみれになりたいと思います。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事