*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

猫ちゃんとのコミュニケーション、健康管理、QOL、ストレスの軽減を目的としたトレーニングをお伝えする教室「Happy Cat」のブログです。私が猫のトレーニングをすることになった経緯や、トレーニングに対しての思いなどを書いて行きたいと思っています。

猫に伝わる「褒め方」とは?

      2015/08/09

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

「褒める」って、結構難しいこと、
ご存知ですか?

人間を「褒める」なんて
それこそメチャメチャ難しいでしょうけど、
猫を「褒める」のも難しいものなんですよ。

ちゃたの肉球
今日は肉球で癒されちゃってください♪

私が使う「褒める」は、
「褒める」側の自己満足ではなく、
「褒められた」側がどう感じるか、
を重要視しています。

例えば「いいこ」という音は、
猫にとって何の意味もないただの音です。

でも、「あること」をすると、
大好きな音になります。

そして、その音を聞くと
「褒められた!」
と感じるようになるのです。

綺麗なピンクはにゃんまの後ろ足♪

言葉の意味など知る由も無い猫にとって
「いいこ」が「褒め言葉」に変わるのは
なぜでしょう?

一体何をするとそうなるのでしょう?

「あること」は
誰にでも簡単にできることです。

(知らず知らずにやっている方も多いはず。
だからもしかすると、あなたのうちの猫ちゃんは
「いいこ」がすでに好きかもしれませんね)

でもその「あること」をやっていなければ
どんなに褒めてるつもりで「いいこ」
と言っても猫には伝わらないのです。

肉球いっぱい♪

明日はその「あること」について
書こうと思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - ご褒美


Comment

  • ほそやじゅんこ より:

    「いいこ」は猫にとってはただの音というのがポイントですね。
    それを理解すればいろいろと生活が変わるなと思います。

     
  • なかたにょん より:

    >「褒める」側の自己満足ではなく、
    「褒められた」側がどう感じるか
    褒める、以外のことでもこのことをつい疎かにして、結果的に自己満足に終わってしまっているというのが実はたくさんあるんだろうなぁと読みながら考えました。
    いいこ、と褒められた、を結びつけるためことももちろんですが、私たちは、まずはそのための前提としてこのことは忘れてはいけないと思います。

     
  • にしだかよ より:

    知らず知らずにできていること?ですか。
    なんだろう♪

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事