*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

愛猫ともっと仲良くなりたい人にやってもらいたい事

      2015/08/09

こんにちは。
猫のためのトレーニングをお伝えする教室
「Happy Cat」アドバイザーの坂崎清歌です。

先日「ねこのきもち」の
取材を受けました。

その時に聞いたのですが、
「寄ってきてくれないコ」
「ほとんど触れないコ」
と言うのが、結構いるそうです。

ちょっとビックリ。

テトはなでなで大好きだよね♪

そういう方も、
「もっと仲良くなりたい」
と思っているんですよねぇ?

よく分からないけど・・・

でもきっと、このブログを
読んでくださっている方は、
仲良くなるために何ができるか、
模索したり、頑張ったり
してくれている方だと思うので。。。

もし万一、
あなたと猫ちゃんとの関係が
上記のようなものだった場合、
ぜひお試し頂きたい事があります。

指を出されるとスリ~とせずにはいられない

【猫ちゃんに近づく時は
出来るだけいつでも、
オヤツを手に用意しておき、
名前を呼んですぐにオヤツを
目の前にポイッとあげる】

という事を、毎日実践してください。

(「オヤツ」と表現していますが、
普通のドライフードでも構いません。
私は基本的に、
食餌の時にあげるコト、モノを「ゴハン」
それ以外の時にあげるコト、モノを「オヤツ」
と表記しています。)

もう少し詳しい説明は
次回にさせていただきます。

お読みいただき、ありがとうございました。

 
 

 - トレーニング


Comment

  • 庄子 より:

    清歌さんこんにちわ!
    「ねこのきもち」2月号見ましたよ!
    パラパラ~っとめくってたら
    見覚えのあるお顔・・・
    ”ちゃあくん”では?と思ったらやっぱりそうでした。

    後でゆっくり拝見させていただきます!

     
  • Happy Cat より:

    コメント、ありがとうございます!
    「ねこのきもち」ご覧いただいたのですね。
    ちゃあの写真に気がついてくださるなんて、とても嬉しいです!
    ありがとうございます!
    また感想など聞かせてくださいね♪

     
  • ai より:

    近寄れないこや触れないこは多いんですね。
    家に2頭猫を飼っていて一方は触れるがもう一方は触れないこがいて、「触れなくても個性的で見ているだけで面白い」という意見を聞いたことがあります。
    でも私は絶対触れることは必要だと思います。触れないと耳は汚くないか、歯は汚れていないか、痛がるところはないかなど日々の体の状態を見てあげることができないからです。なので、触られても猫が平気でいられるようにしておいてあげることは必要だと思います。

     
  • なかたにょん より:

    実家にいた猫は触れない子は幸いにしていなかったので(意図せずに全て保護猫でした)あまり考えたことがありませんでした。
    でも、我が家の末娘の実母猫を保護して実家で引き取ってもらってからは、触れなくはないですがそれまでの関係性はどこへやら、私に対して警戒心を抱くようになってしまいました。
    引き取ってもらうまでの経緯に問題がある、と今では分かりますが、その頃にこういったことも含めてきちんと理解していれば今の関係がもっと違ったのかなぁと思います。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

診察時の負担を最小限にしてあげるために
トレーニングすると誰が楽しいのですか?

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 どんなGWを過ご …

ハズバンダリートレーニングの講演会

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 千葉市動物公園に行 …

環境エンリッチメントとしてのトレーニング
猫ともっと仲良く、 もっと楽しいコミュニケーション!
ちょっとの努力でも、認めて感謝しよう♪

こんにちは。 猫のためのトレーニング教室 「Happy Cat」アドバイザーの坂 …

猫にわかりやすく伝えるために
『良好な関係性の構築』を目指して

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 以前、家庭内野良 …

準備運動をしたら・・・
室内飼育の猫の幸せは飼い主次第

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 何度でもしつこく …