*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

噛まなくてもいいんです

      2015/08/29

こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

猫の歯の数、数えてみましたか?

猫の歯は全部で30本です。

少ないですねぇ。

(実際に数えると30本
見つけられないかもしれません)

お口の中、拝見します

その30本のうちの16本が
「食べる」という行為には
ほぼ使われていません。

前歯の小さな門歯(12本)は
獲物の毛をむしるため。

犬歯(4本)は獲物をしとめるため。

残りの、片側7本の歯で
肉を飲み込める大きさに
引き裂くのです。

キャラメル君はまだ乳歯
キャラメル君は生え変わりの時期で歯がむず痒いのかな?

ここからわかるのは、猫はモノを
「噛まないで食べても問題がない」
ということです。

そこで、猫のためになり、
簡単にできるトレーニングを
提案したいと思います!

・・・長くなるので、続きはまた明日(笑)

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - トレーニング, 健康, 勉強


Comment

  • 庄子 より:

    清歌さん、こんにちわ!
    猫の歯は30本もあるんですね~
    ほんの少しだけ見せてもらいましたが
    嫌がったので。。。

    昨日から猫の様子がおかしく
    オシッコもでないのにトイレに何度もいき
    今朝は血尿が。。。
    結果、膀胱炎でした。
    今回が2日目となります。
    飼い主の責任でしょうか。。。。

     
  • Happy Cat より:

    コメント、ありがとうございます。
    膀胱炎ですかぁ。
    かわいそうに…

    実は、HappyCatに勉強にきてくださった方全員に私が最初にお話することの一つが、水分摂取の大切さについてです。
    膀胱炎は、温度変化などのストレスをなるべく与えないようにすることと、十分な水分摂取をさせることでかなり防げます。

    よく本などに書いてある「新鮮な水がいつでも飲めるようにしておきましょう」を実践したくらいでは、大抵の猫は十分な量の水分を摂取してくれません。

    それをどう工夫して飲ませるか、が飼い主としての頑張りどころでしょうね。

     
  • 西川 より:

    「噛まないで食べても問題ない」というところでいうと、
    大学の子にドライフードをほぼ噛まずに飲む子がいて、
    フードは多少水でふやかされてるとはいえ大丈夫なのかと思っていましたが
    認識を改めてもいいのだなと思いました。

     
  • 西川 より:

    このつづきの記事を振り返ってきたのですが、この「噛まないで食べても大丈夫」が投薬のトレーニングに繋がるんですね。覚えておこうと思ってコメント連投しました。

     
  • なかたにょん より:

    前の仕事で接したお客様で「噛まずに食べること」が良くない、あるいはおかしいことだと思われている方が一定数いらっしゃり「そもそもそういうものですよ」とお話しするととても驚かれていたことを思い出しました。
    ウチはガツガツと飲み込む子と噛めたら噛む、という子それぞれいます。
    本人の得手不得手や好み?もあるかと思いますが、その違いは粒の大きさのお好みにも若干関係があるのかなぁ?とも思っています。

     
  • にしだかよ より:

    歯について、ちょっと脱線する時間も設けてみました。歯根の数違いで抜けた歯がどれかもわかるのですね、なんて愛おしい生き物何でしょう。機会をいただき有難うございます。

     
  • かとうまさみ より:

    あ キャラメル君だ!

    猫の前歯かわいくて好きです。あれは毛をむしるための歯だったんですね。

    帰宅すると吐いてあることがありますがカリカリが丸いままの形で棒状につらなり乾燥しています。ほんとに丸呑みですね。

     
  • さとうあいこ より:

    口内炎がひどくて、歯を全部抜かなくてはいけない子の飼い主さんに、歯がなくても大丈夫ですよの話をするときに、それぞれの歯の役割をもっとお伝えしていたらわかりやすかったかもしれないです。今ならどんな風に説明するかなぁと考えながら読んでいました。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事

猫は笑われるのがキライです

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 あなたがイヤなこ …

学びや挑戦は安心安全の中で起きる

あけましておめでとうございます。 猫との新しい暮らし方の提案をしている Happ …

歯磨きしてますか?

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 今日は虫歯の日です …

爪切りに慣れて欲しかったら?

こんにちは。 猫のためのトレーニングをお伝えしている教室 「Happy Cat」 …

トレーニングで大切なことは?

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 この夏、母が「T …

「そのまま」を愛する事と「幸せにしてあげたい」と思う事

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 2月は猫関係のイ …

猫医学会って知ってますか?

こんにちは。 Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。 通院準備トレーニ …

「ご褒美」を考える

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 先日の留守番のあと …

第一回「catloversセミナー」に参加しました♪

こんにちは。 Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。 第一回「catlo …

GREEN DOGだけど猫もやってます(^o^)

こんにちは。 HappyCatアドバイザーの坂崎清歌です。 前回登場の藤井先生の …