*

いつも心にはっぴーにゃんこ♪

『愛猫をもっと幸せにしてあげたい!』そのために飼い主として何ができるか、具体的に学びませんか?猫さんとの新しい暮らし方を提案する「Happy Cat」のブログです。

欲しいものがご褒美

      2015/08/09

こんにちは。
猫との生活のアドバイザー
「Happy Cat」の坂崎清歌です。

だいきちにとっての「ご褒美」について、
掘り下げてみようと思います。

飼い主からのご褒美は
撫でられる事やオヤツ。

でも、妹(きっきちゃん)からのご褒美は
撫でられる事では不満。

だいきちが望むご褒美はオヤツでした。

「おすわり」は実は出来ないかも(苦笑

「ご褒美」と言うのは、
もらう側が喜ぶものでなければ
意味がありません。

なので、だいきちが「オヤツ」
と言ったらご褒美はオヤツなんです。

こちらが「これがご褒美よ」と用意しても
それがそのコの望むものでなければ、
ご褒美としての機能は果たせないのです。

「お手」得意だよ!

(「ご褒美」とは、専門用語では「正の強化子」または「好子」と呼ばれます。
その定義は「行動の直後に出現すると、その行動の将来の生起頻度をあげるもの」です。)

だいきちにとって「きっきちゃん」の
存在とはどんなものか、
それによって猫自身で関わり方を加減している。

その一環として、
ご褒美として欲するものが違う。

当たり前といえば当たり前の事なのですが、
私たち人間は猫に接する時に
ついつい忘れてしまっている事が
あるように思います。

「オツム~」をすると顔がクズレるよね(笑)

コミュニケーションする時は
相手との関係性を意識して
「馴れ馴れしくし過ぎない」
「よそよそしくし過ぎない」
その両方が大切なんだなぁなどと
改めて思いました。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪

 
人気ブログランキングへ
 

 - トレーニング


Comment

  • タンさん より:

    どんなことが喜ぶのかよくわかりません。
    撫でられるのもあんまり好きでないようだし。
    一緒にいる時間が少ないから馴れないのかな、、、
    遊びもすぐあきるのでようで何をしてあげたらいいか、
    猫の気持ちがわかってやれない。。。

     
  • Happy Cat より:

    コメント、ありがとうございます。
    返信が大変遅くなってしまい、ごめんなさい。

    あまり一緒にいる時間が取れないのですね。
    では焦らずにゆっくり絆を深めていきましょう。

    まずは食べ物を有効活用してください。
    食べ物は猫にとって生得的好子です。
    (生得的好子とは「産まれながらに好きなもの」という意味です)
    なので、普段のゴハンを好きならばそれでもいいですし、もうちょっとお気に入りのものを見付けるのもいいです。
    とにかく、食べ物を使ってより仲良くなりましょう。

    名前を呼んで手からあげてみるといいですよ。
    出来るだけ毎日、「名前とあなたと食べ物」が結びつくように根気よく続けてみてください。

    撫でることは好きでないなら特に必要ないです。
    猫は本来そんなに触られることを好みません。
    いつか本猫が撫でて欲しいと思うまで、あまり撫でない方がいいですよ。

     
  • タンさん より:

    お返事ありがとうございます。
    おやつをやりすぎて太るのが心配です。
    ペットショップの猫のおやつは種類が少ないのですよね。。。
    どんなおやつをあたえてますか…

     
  • Happy Cat より:

    「オヤツ」という表現がいろいろな誤解を生んでしまいますね。
    私はペットショップで「オヤツ」として売られているようなものはあまり使いません。
    ドライフードをゴハンから取り分けておいて、それを「オヤツ」として使っています。
    一日の摂取量をちゃんと把握して与えることと、体重をこまめに測ることが大切ですよ。

    「オヤツ」や「食事」の考え方はちゃんと説明しなくては!と改めて思いましたので、今度記事に書くようにしますね。
    きっかけをくださってありがとうございました。

     
  • ai より:

    誰でも同じように接していれば良いということではないのですね。
    ご褒美は、その子が欲しているものを見極めてあげて、提供してあげることが大事なんですね。

     
  • 西川 より:

    人によって態度が違う事は今までも見てきましたが、
    もらうご褒美も人によって違う事があるのに驚きました。
    「猫と接する時に忘れてしまっているもの」
    猫によって性格も、人との関わり方も違うのだから
    それらを忘れないようにしたいと思いました。

     
  • さとう より:

    思った以上に、猫の気持ちと人の気持ちは似たところがあるのが面白いです。子供の頃はわたしも、あんまり慣れていない人に撫でられても嬉しくありませんでしたが、お菓子はいつでも嬉しかったです。
    どういうところが猫と人間は一緒なのか、違うのか、もっと勉強したいです。

     
  • ほそやじゅんこ より:

    飼い主さんに、これが好きなんでやってあげてください。と色々なことをお願いされますが、それは飼い主さんだから好きなんだ、と言うことがよくあります。今、目の前の子がどうしたいのかをよく観察することがいい関係を作るなと感じました。

     
  • すずきちえ より:

    “こちらが「これがご褒美よ」と用意しても
    それがそのコの望むものでなければ、
    ご褒美としての機能は果たせないのです。”

    言われてみれば納得です。
    「このコはこれが好き」とご褒美の押し付けをするのではなく、
    状況や接する人によって、それぞれの猫が欲するものを柔軟に考えていきたいと思います。

     
  • なかたにょん より:

    ご褒美の意味を改めて考えさせられました。
    文章で読むと確かになるほど!と納得するのですが、自分と我が家の猫に置き換えて考えてみるとなかなか難しく感じます。
    自分はちゃんと見てあげられているのかな?
    こちらが思い込んでいるだけ、のコミュニケーションにならないようにもっと多角的にその子その子のことを見てあげなくては、と改めて気付かされました。

     
  • かとうまさみ より:

    「みーつん好きー!」と言いながらモフモフしたあとにオヤツをあげればご褒美になるのにオヤツを忘れてモフモフを堪能してしまいます。嫌がられずにモフモフを堪能するためにオヤツを忘れないようにしよう。回文になってしまいました。

     
  • さとうあいこ より:

    猫が本当に欲しいものを提供できているのか、考えると不安になってしまいます。
    嫌がってない→嬉しそう→欲しがってくる
    で考えた時の、欲しがってくるほどのものはまだ見つけられていません。
    毎日一緒に暮らせているわけではないからこそ、もう少し細やかな観察が必要ですし、母にもメモってもらいます。

     

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
承認制のため、管理人が承認するまで表示されません。
※非公開にしたい場合はコメントにその旨お書き下さい。


  関連記事